「プラハ、本屋」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、本屋」に関連する現地ガイド記事

プラハ、本屋に関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、本屋の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

パッサージュ内のお洒落なブック・カフェ「Kavarna Rehore Samsy」

[2009/03/03] 有賀みかる

冬が長くて厳しいところだからか、よく本を読む国民と言われているチェコ人。トラムの中の短い移動でも分厚い本を開いている人や、いつでも混んでる本屋さんなど、その本好きは暮らしていても実感します。プラハは小さい街なのに、大小の通常の本屋さんのほか古本屋さん、そしていわゆるブックカフェと呼ばれるカフェの数もあちこちにあって、それぞれ個性豊か。中でもアール・ヌーヴォーの美しいステンドグラスの入口で知られるパッサージュ、ウ・ノヴァーク(U Novaku)内のブック・カフェ「Rehor Samsa」は、ほんと… 続きを読む



プラハが生んだ世界的作家、フランツ・カフカゆかりの場所を訪ねて

[2009/01/19] 有賀みかる

主人公がある朝起きてみると、なぜか虫になっていた…というシーンから始まるシュールな物語『変身』を書いたフランツ・カフカ(1883〜1924)の名前を、文学好きの方なら一度は耳にしたことがあるかもしれません。ユダヤ人のカフカ、しかも作品はどれもドイツ語で書いたので、チェコ文学のカテゴリーに入れられていないことも多いのですが、プラハで生まれ、プラハで働き、同時にこの街で執筆した彼の作品は、そのほとんどは死後に発表され、存命中は無名作家だったものの20世紀を代表するプラハ文学であることは間違いありませ… 続きを読む



手に馴染む、昔ながらのチェコの木製おもちゃをお土産に

[2008/12/17] 有賀みかる

チェコは、優れた木製おもちゃがあることで知られています。特に幼児用のおもちゃは、口にいれてしまうことを考慮して自然派が人気ですが、チェコのおもちゃはまさにうってつけ! 木製の積み木、乗り物、動物たち…幅広い品々に、さすがマリオネットの国、と感心します。なかでもいろんな仕掛けのあるおもちゃが面白い。電力を使わずとも、ゆるやかな坂をカタカタのんびり歩くなんともユーモラスな動物シリーズや、垂直に木をつついて少しずつ落ちていく啄木鳥(きつつき)のおもちゃなど、思わず笑みがこぼれる素朴なもの多数。  続きを読む



記念切手で絵葉書を送りたい!プラハ中央郵便局

[2008/10/21] 有賀みかる

旅先から絵葉書を出す、という方は多いはず。プラハは絵になる場所がいっぱいなので、絵葉書選びにも力が入ります。さらにチェコの切手はその美しいデザインと質のよい印刷で昔から定評があります。有名な人物、建物はもちろん、チェコで有名な絵本の主人公などなど、チェコらしいイラストが楽しい。2008年はちょうどチェコスロヴァキア最初の切手発売から90年にあたり、新しい記念切手もたくさん登場。チャペックの犬と猫のイラストや、ヴェチェルニーチェクという子供向けTV番組でおなじみの「ルンツァイス」など、キャラクター… 続きを読む



チェコの子供達の永遠のアイドル、もぐらのクルテク

[2007/12/25] 有賀みかる

チェコの国土面積はほぼ北海道と同じぐらい、人口にいたっては日本の10分の1以下の小国ながら、知るひとぞ知るアニメ大国。イジー・トルンカやカレル・ゼマンのアニメ特集やヤン・シュヴァンクマイエル監督の作品もたびたび日本の映画館でかかっていて、マニアックな人気から徐々に広く知られるようになってきました。子供向けのアニメーションのレベルはとても高いチェコですが、中でも愛らしいもぐらのクルテクは根強い人気。1956年に誕生して以来、3世代に渡ってチェコの子供達が親しんでいる国民的キャラなのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、本屋」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。