「プラハ、食べ物」に関連する現地ガイド記事

「プラハ、食べ物」に関連する現地ガイド記事

プラハ、食べ物に関する現地ガイド記事を集めました。プラハ、食べ物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

地元民に大人気!ファーマーズ・マーケット

[2012/08/27] 有賀みかる

海外に遊びに来て、名所旧跡もさることながら、地元の人がどんな暮らしをしているか、気になる方は多いはず。スーパーマーケットをのぞくだけでも楽しいのですが、もし金曜日にプラハにいらっしゃるなら、うってつけの市場があります。中心からもアクセス便利な、地下鉄B線Andel(アンジェル)駅前で毎週開催されているこのファーマーズ・マーケット、その名の通り、生産者直の新鮮、BIOマーケットとして2010年の初回当時から衰えない人気っぷり。食品以外にも様々なものが売られていて、クリスマスやイースターの時期でなく… 続きを読む



プラハから電車ですぐ! ベロウンの陶器マーケット

[2010/06/08] 有賀みかる

海外で地元の青空マーケットをのぞくのが好き、という方はきっと多いはず。なかでも陶器に目がないという方に紹介したいのが、プラハから南西へ30kmほどいったベロウン(Beroun)という町の陶器市。プラハ本駅から簡単に乗り換えなしの電車で40分〜1時間ほどで行けて、駅から会場の広場までもお散歩感覚でスグなので、土地勘がなくとも大丈夫。往復でも120コルナほど(約600円)とリーズナブルだし、線路は川沿いなので窓際に座ればちょっとした『世界の車窓から』気分を味わえて電車好きにもおすすめ。途中下車すれば… 続きを読む



鉄道ファン必見! 汽車がビールを運ぶレストラン

[2010/04/19] 有賀みかる

東京でも電車の模型がカレーをテーブルまで運んできてくれるというレストランがあるそうですが、プラハの中心、ヴァーツラフ広場にオープンしたVytopna(ヴィートプナ=蒸気機関車の保管、整備場所のこと)で運ばれてくるのはやっぱりビール。精巧に作られた蒸気機関車のみならず、貨物列車や通常チェコ国内で見かける客車のモデルが、レストラン中に敷かれたレールの上をウエイターさんに代わってビールを運んできてくれるという鉄道ファンにはたまらないレストランなのです。 続きを読む



夜の散歩がさらに楽しい! プラハのクリスマスマーケット

[2007/11/22] 有賀みかる

北海道より緯度が高いプラハは、短い秋が過ぎると長くて寒い冬の到来。でもそれに余りある楽しみがなんといってもクリスマス。11月に入るとまもなく気の早いお店はクリスマスの飾りつけ、そして人々は家族や恋人へのプレゼント選びに真剣に悩み始める頃。クリスマス直前の日曜日からさかのぼって4週目の日曜日が、いわゆるアドヴェント(降誕祭)の始まりで、この時期から街はクリスマスモード全開になります。毎年人々が楽しみにしているのがヴァーノチニー・トゥルフと呼ばれるクリスマスマーケット。 続きを読む



これぞ、チェコ風お寿司?!「タタラーク」に挑戦!

[2007/10/03] 有賀みかる

ここプラハでも我らが日本のお寿司は、おいしく健康的な食べ物として若い人を中心に人気です。日本レストランに限らず、チェコ人シェフが握るお店も着実に増えつつある昨今。でもチェコは海のない内陸国、まだ「生の魚を食べるだなんて…」と敬遠する向きも少なからず。それなのにチェコ人は、生の肉は大好き!なんです。嬉しそうに生肉をほおばるチェコ人たちを見て、来た当初はかなりビビっていた私ですが、最近ようやく、このタルタル・ステーキ、通称“タタラーク(tatarak)”の良さがわかるようになりました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 プラハ、食べ物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。