「ベトナム戦争、写真」に関連する現地ガイド記事

「ベトナム戦争、写真」に関連する現地ガイド記事

ベトナム戦争、写真に関する現地ガイド記事を集めました。ベトナム戦争、写真の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

昔のベトナムを壁画で再現「タイムビストロ」

[2016/06/16] 古川 悠紀

歩行者天国のグエンフエ通りには、最近新たなレストランが次々とオープン。その先駆者となるのが「タイムビストロ」。オーナーは南部出身で、かつてサイゴンと呼ばれた南ベトナムに愛着を持っているとのこと。そこで、同店ではサイゴンの時代を壁画にうつして紹介しています。2階は価値ある骨董品めいた家具をさりげなく配置しており、フランス統治時代に造られたサイゴン大教会などが壁に描かれています。ウォールアートで時代を表現するという新手のレストランは、現在ではベトナム人を中心に非常に人気です。 続きを読む



映画の舞台【アイ・アム・レジェンド】―ニューヨークで見られる空母の雄姿

[2009/05/22] 大塚ばつ丸

2007年に公開されたウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」。公開前のテレビCMでは愛犬とともに地球に生き残ったただひとりの人間という、無人島への漂着物語みたいな孤独さだけが強調されていた。しかし、実際にはガンの治療薬が突然変異してできたウイルスが世界中に蔓延して、ほとんどの人類は死に絶える。感染したものの命だけは助かった者もダークシーカーズと呼ばれる凶暴なゾンビのような怪物に変わってしまったという映画。本当はダークシーカーズたちと科学者ウィル・スミスの戦いがストーリーの中心になっている… 続きを読む



金色に輝くドームが目立つ建物の正体は?

[2007/12/17] 内田よしえ

ボストンの街にキラリと金色に光るドームがあります。そんなひときわ目立つ建物はいったい何なのか?というと、実はこれマサチューセッツ州の州議事堂なんです。このドームの下では日々、現役の州議員や知事達が働いています。しかし、建設当初(1798年)からこのように金色に輝くドームだったわけではなく、度重なる修復を経て1874年に金箔が貼られ、現在の色になったのだそう。そして今ではボストンのランドマークの一つともなっています。 続きを読む



文化の香り漂う首都ハノイで大人気! 元祖プロパガンダアートショップ『P』

[2007/11/15] 松野泰子

ベトナム北部にある首都ハノイには、古くからの建物や由緒あるお寺が残っています。またハノイには日本と同じく四季もあり、旅人のノスタルジアを掻きたてる情緒溢れる素敵な街です。そんなハノイの街を歩いていると、カラフルな看板やポスターが目に付くはず。版画のような独自のスタイルのこうした看板に心をくすぐられたら、まっ先にむかうべきお店が、ハノイ大教会のすぐ隣にあるプロパガンダアートショップ『P』です。2001年にオープンして以来、多くの観光客の注目を集めているこのお店では、ベトナム政府の宣伝用に描かれたプ… 続きを読む



一度は足を運んでほしい――ベトナム戦争証跡博物館

[2007/09/10] 松野泰子

ベトナムに旅行に行く目的は? 雑貨やアオザイなどのお買い物、ベトナム料理食べ歩き、最近では海辺のリゾート地でのマリンスポーツなども人気です。そんな観光地としてのベトナムも確かに今のひとつの顔。けれど、ホーチミン市に来たら、忘れずに一度は訪れてほしいのが、この「戦争証跡博物館」です。この博物館にはベトナム戦争時の記録がぎっしりとつまっていて、年間40万人もの旅行者が集まると言われています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベトナム戦争、写真」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。