「ベトナム、特産」に関連する現地ガイド記事

「ベトナム、特産」に関連する現地ガイド記事

ベトナム、特産に関する現地ガイド記事を集めました。ベトナム、特産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ベトナムメコンデルタ地方の大都市「カントー」のハイライト

[2017/01/01] 古川 悠紀

ホーチミンから遠距離バスで5時間強の時間をかけてメコンデルタの奥地へ。メコンデルタ地方の中心都市であるカントーは、バックパッカーに人気の観光地。少々遠いので、ツアーを催行している旅行会社はほとんどありませんが、寝台バスでノンストップで行くことができるので、ビギナー旅行者でも安心して向かうことができます。ホテルの数はそれほどありませんので、事前に予約しておくのがベター。1泊〜2泊の日程がおすすめです。 続きを読む



ベトナムの誇るリゾートアイランド「フーコック島」

[2016/07/01] 古川 悠紀

フーコック島はまだまだ外国人に認知されていなく、観光客もベトナム人がほとんどです。道路も舗装されていなく、赤土を延々と走ることもあります。一方雄大な大自然を体感できるネイチャーアイランドでもあり、一部の外国人には根強い人気もあります。また、近年は観光開発も進み、5つ星のリゾートホテルやラグジュアリーなコテージなども並ぶようになりました。ビーチエリアは島南方のサオビーチとケムビーチが人気。いずれもシーフード食堂があり、そこでその日水揚げされた新鮮な魚介を堪能することができます。 続きを読む



ふたつの表情を併せ持つ、カンボジアのおすすめ市場

[2007/10/17] 井伊 誠

首都プノンペンでお土産を買い求めるのなら、プノンペン南部のトゥオルトンプーン市場がおすすめです。旅行ガイドブックを開くと、トゥオルトンプーン市場は「ロシアンマーケット」という名で紹介されていることがありますが、その理由は、ソ連(当時)やベトナムなどの支援を受けたヘンサムリン政権がカンボジアを実行支配していた1980年代、多くのロシア人がこの市場で買い物をしていたことによります。現在では、プノンペンの定番観光地のひとつとして、人気を集めている市場です。 続きを読む



北部・中部・南部。3地方の特産物を一度に味わえるホーチミンのレストラン。

[2007/06/19] 松野泰子

ベトナムは南北に細長い地形をしており、その土地毎の食の特徴も違います。大きく言えば、北部は塩ベースのさっぱりした味付け、中部はお米を使った料理が多く旨味のある唐辛子が売り、南部は砂糖をたっぷり入れたコクのある甘い味付けというふうにわけられます。最近では、日本からハノイ、ダナン、ホーチミンそれぞれの直行便も増えたので、インとアウトを別の都市にして、ベトナム国内を食べ歩いてみるのも楽しい旅行の仕方かもしれませんがさすがに、一度の旅行で、全地域を回るのは厳しい。そんなときに利用したいのがここ、「バー・… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベトナム、特産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。