「ベルギーといえば」に関連する現地ガイド記事

「ベルギーといえば」に関連する現地ガイド記事

ベルギーといえばに関する現地ガイド記事を集めました。ベルギーといえばの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

夏休みは800ものバラエティーを誇る、ベルギービールの神髄に触れる!

[2008/05/23] 内田由香

ベルギーといえばビール!!というイメージも段々浸透してきたここ数年ですが、ベルギーにはなんと800ものビールがあるといわれています。日本で“ビールといえば”=冷凍庫でギンギンのビアジョッキに、これまた冷えた黄金色のビールを注ぎ、グィっと…と統一されたイメージがありますが、ベルギービールのスゴイところは、その種類の豊富さ! ホワイトエール、ランビック、ストロングエール、デュッペル、トリペル、トラピスト、アビィビールといった製法の多様さ、またハーブやフルーツ等のアロマの多様さ、もちろん色の多様さ、さ… 続きを読む



老舗ビスケットブランドでベルギー名物スペキュロスとビスケット量り売りを楽しむ!

[2008/01/11] 内田由香

旅の最大の楽しみのひとつ、その国の老舗スイーツを味わうのにブリュッセルではここ「ダンドワ」がオススメです!ベルギーといえばチョコレートが最も有名ですが、実はベルギーにはシナモン風味ビスケットの「スペキュロス」を代表としてビスケットも名物の一つになっているのです。今回のオススメブランド「ダンドワ」のスペキュロスももちろん一味の価値(?)あり、ですが、なんといっても一番のオススメは「ビスケットの量り売り」!その理由とは? 続きを読む



隣国フランスとオランダから直行!ベルギーで味わう牡蠣とビール

[2007/10/25] 内田由香

そして、もう一つの魅力のといえば、そう!一緒に飲むお酒です。ベルギーといえば、600種類とも800種類とも言われているビールの多様さはまさにビール王国。一方、すぐお隣を見ればワインの国フランスで、ベルギーに輸入されるワインの量も相当なのです。つまりここベルギーでは、多様なカキとこれまた多様なビール/ワインの相性が楽しめる!というわけです。よく「カキにはシャブリ」と聞きますが、カキの味も色々、シャブリも色々なので、ウワサは気にせず、ロゼでもビールでも、アタマを空っぽにして自由に楽しんでください! 続きを読む



ベルギーといえばワッフル!本場ならではの味わいを楽しもう

[2007/08/22] 内田由香

ベルギーといえば、チョコレート、ビールに並んでベスト3に入る名物が、そうワッフル!ブリュッセルに旅をしてこれを試さないことはまずないはず。というのも、こちらはさすがの本場というだけあって、街を歩けば目に飛び込んでくる、かわいいワッフル店に並ぶイチゴやチョコレートなどのトッピング、それをほおばる人々……と、ガマンするのが難しいほどの、ワッフル天国なのです。ちなみにブリュッセルの公用語で、Goufreゴーフル(フランス語)、Wafelワーフェル(オランダ語)と呼びます。もちろんワッフル(英語)でも通… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベルギーといえば」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。