「ベルギー王室」に関連する現地ガイド記事

「ベルギー王室」に関連する現地ガイド記事

ベルギー王室に関する現地ガイド記事を集めました。ベルギー王室の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

お土産やプレゼントに薦めたいココのチョコレートは箱にも注目!

[2009/11/12] 内田よしえ

チョコレート店は市内にいくつかあるけれど、お土産やプレゼントにオススメしたいのがBeacon Hill Chocolates(ビーコンヒル・チョコレート)店のチョコレート。高級住宅街&観光名所で知られるビーコンヒルにあるこの店はこじんまりとしているが人気は高く、オーナーが選び抜いたというチョコは味はもちろんのこと見た目にも美しい。チョコレートで有名なベルギーからの輸入物も多く、中にはベルギー王室御用達と言われるメリーショコラティエのチョコも! 続きを読む



「ショコラ」vs「プラリヌ」?ベルギーチョコレートの「ココが知りたい」特集!

[2008/04/22] 内田由香

まずは、ブランドごとに勝負をかける現地or/and期間限定の品々(写真参照)! 例えばノイハウスは昨年タンタン缶入りプチショコラ、またガレは筆をモチーフとした香りを楽しむ「香」という名の新商品、ゴディバのフルーツシリーズ等々昨年はどれも大人気。少し割高でも、手に入りにくい限定品はお土産としてかなり嬉しいですし、現地の季節限定は美味しい思い出の味として残ります。また、ベルギー王室の御用達ブランド(2008.2.27記事参照)のうち日本に店舗がないのはMaryのみ、という点でお土産にオススメです。最… 続きを読む



ベルギーのチョコレートはやっぱり凄い!食べる芸術品からお手軽ショコラまで必食!

[2008/02/27] 内田由香

さて、ベルギーのチョコレートを一躍有名にしたのが、中にフィリングを詰めた「プラリヌ」ですが、やはりこれはベルギー王室御用達の5ブランド(マリー、ノイハウス、ガレ、ゴディバ、ヴィタメール)+ピエールマルコリーニを試していただきたいです!「美味しいよ!」といわれれる他のお店も試してみましたが、やっぱり姿カタチも美しく、尚かつカカオの香りが十分生かされて、プラリヌも手が込んでいて、ハズレが少ないと思うのはこの6店です(ピエールマルコリー二も実は王室御用達ブランドの出身のようです)。 続きを読む



観光向け商店街に在らず!1847年の芸術建築と、伝統と旬が集まるアーケード街

[2007/11/01] 内田由香

さて、現在54店舗の中の老舗の顔ぶれといえば、ベルギー王室御用達ショコラの店ノイハウス、ゴディバとハーゲンダッツのコラボ店、これまた王室御用達の革製品デルヴォー…と、ベルギーを代表するブランドやヴィクトル・ユーゴーが通ったというカフェ、ヴォード・ヴィルなど、様々。でも、私が驚いたのは、なんと、カフェの中に巨大な劇場があること!この210mの小さいギャラリーの中に、劇場が2つ、映画館が一つ、いずれも素晴らしい内装です。劇場は今でも不定期で催し物があり、ベルギーのアート活動を支えています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベルギー王室」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。