「ベルギー、チョコレート」に関連する現地ガイド記事

「ベルギー、チョコレート」に関連する現地ガイド記事

ベルギー、チョコレートに関する現地ガイド記事を集めました。ベルギー、チョコレートの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

チューリップやチーズが真っ先に思い浮かぶオランダ。実は多民族国家でもあります。主要都市を歩けば、オランダ系(とはいっても古くから各国間で民族が行き来しており、一概に純血オランダ人という定義は困難ですが)、アフリカ系、中国系、東南アジア系、トルコ系やモロッコ系など様々な人種・民族が行き交うのは日常の光景。多民族国家においては、移民出身者から秀逸な人材が出現するのはよくあることです。 続きを読む



水の都ブルージュを散策

[2016/02/28] りんみゆき

ブリュッセルから電車で約一時間でブルージュ到着。12歳以下は無料です。ブルージュは小さな町なので、自転車を借りたら隅から隅まで行けてしまいます。自転車レンタルは駅前やインフォメーションの近くにあります。自転車を利用する人が多いので大きな道路の端にも自転車専用レーンがあり、子連れでも安心。子ども用自転車のレンタルもあります。小路に入る前には、自転車が通っていいかの標識を確認します。風車の横を通ったり、跳ね橋を渡ったりと中心地よりも外の部分を自転車観光するのがおすすめです。 続きを読む



甘い香りに包まれた中世の街ブリュッセル

[2016/01/28] りんみゆき

ブリュッセル駅で降りると、チョコレートとワッフルとお花の甘い香りに歓迎されて思わず笑顔。ベルギーの有名人、「小便小僧」(マネキンピスManneken Pis)は駅から石畳を歩いて約10分の距離。お土産やさんもこの辺りにたくさん並んでいます。人だかりができているのですぐにわかりますが、びっくりするほど小さくてかわいい像。もともとここは水汲み場として使われていました。「小僧」に対抗して、あるバーのオーナーが人集めのために作った少女版の像(ジャンネケピスJeanneke Pis)も少し離れたところにあ… 続きを読む



モダンなモール、MOOD

[2015/12/24] 田中ティナ

モダンなファッションをチェックしながら、合間にFikaでひと休み。とくに冬、外気の冷たくなる季節は、屋内であれこれ時間を過ごしたいもの。ストックホルムの地下鉄T-Centralen駅に程近くにある老舗デパートのNKや、多くのテナントがはいるGallerianなどが建つHamngatanが生活者はもちろん観光客が行きかう目抜き通りなら、そこから1本北、Kungsgatan方面へ入ったMaster Samuelsgatanは、人々と車の喧騒から一息つくことができる、比較的静かなストリートだ。「MOO… 続きを読む



Petrisチョコレートルームで至福のスイーツを

[2013/06/24] Yumi

ヘルシンキから南西に100キロほど離れた場所にあるフィスカルス・ビレッジ。オレンジ色のハンドルで知られているフィスカルスのはさみを生産しているフィスカル社の本拠地でもあり、フィンランドの芸術、デザイン、工芸品の中心地として観光名所になっています。このフィスカルスに本店を構えるPetrisチョコレートルーム。ヘルシンキ市内にもイートインできる2つのショップを構え、そのなんとも言えないおいしいスイーツで人気を博しています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベルギー、チョコレート」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。