「ベルギー、チョコレート、ブランド」に関連する現地ガイド記事

「ベルギー、チョコレート、ブランド」に関連する現地ガイド記事

ベルギー、チョコレート、ブランドに関する現地ガイド記事を集めました。ベルギー、チョコレート、ブランドの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モスクでブランチ食べ放題!!ケバプファクトリー

[2016/08/23] ミツフィ

チューリップやチーズが真っ先に思い浮かぶオランダ。実は多民族国家でもあります。主要都市を歩けば、オランダ系(とはいっても古くから各国間で民族が行き来しており、一概に純血オランダ人という定義は困難ですが)、アフリカ系、中国系、東南アジア系、トルコ系やモロッコ系など様々な人種・民族が行き交うのは日常の光景。多民族国家においては、移民出身者から秀逸な人材が出現するのはよくあることです。 続きを読む



モダンなモール、MOOD

[2015/12/24] 田中ティナ

モダンなファッションをチェックしながら、合間にFikaでひと休み。とくに冬、外気の冷たくなる季節は、屋内であれこれ時間を過ごしたいもの。ストックホルムの地下鉄T-Centralen駅に程近くにある老舗デパートのNKや、多くのテナントがはいるGallerianなどが建つHamngatanが生活者はもちろん観光客が行きかう目抜き通りなら、そこから1本北、Kungsgatan方面へ入ったMaster Samuelsgatanは、人々と車の喧騒から一息つくことができる、比較的静かなストリートだ。「MOO… 続きを読む



郊外まで行く価値あり!美しい公園に佇むフォロン・ミュージアムで絵本の中の世界へ!

[2008/06/26] 内田由香

今回は、私がベルギーで一番好きな場所を紹介します! それは現代アーティスト、ジャン・ミシェル・フォロン氏が生前自ら創設した「フォロン・ミュージアム(Fondation Folon)」です。彼を知る人も知らない人も、ぜひ訪れて欲しいその美術館は、ブリュッセルの郊外の美しいユルプ(Hulpe)という場所のソルベイ公園の敷地内にあります。美術館の周辺も中もまるで夢の国のよう! 一度でも訪れたら、きっとエイビーロード読者の皆さんの心に残る場所になるでしょう。 続きを読む



「ショコラ」vs「プラリヌ」?ベルギーチョコレートの「ココが知りたい」特集!

[2008/04/22] 内田由香

「ブリュッセルでチョコレートを食べてお土産も買うぞ?!」と意気込んでも、さて、現地に着くと右も左もチョコレートだらけ! 何もわからないままいきなり量り売りで250gも買うのはちょっと怖いし、その辺の安いお土産用チョコレート10箱7ユーロ??なんてのも安すぎて不安…。でも時間がそんなにない!という方に、今回、独断と偏見で選ぶウチダのベルギーオススメチョコレートの楽しみ方&プチうんちくをお伝えします! 続きを読む



知る人ぞ知るベルギー伝統スイーツ。一度食べたら病み付き間違いなしのビスケット!

[2008/03/21] 内田由香

ベルギースイーツの代表といえばチョコレートとワッフルですが、実は私が「これぞベルギーでのナンバーワンだ!」思っているお菓子があります。それはJules Destrooperのビスケット!このブランドの人気シリーズ、バタークリスプ(英名Butter Crisps/仏名Galettes au Beurre)とバタークランブル(英名Butter Crumble/仏名Gaufrettes au Beurre)は、ベルギーへ訪れたらまず一日目に食べて欲しいおやつなのです。なぜ一日目?かというと、それはもし… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベルギー、チョコレート、ブランド」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。