「ベルギー、土産」に関連する現地ガイド記事

「ベルギー、土産」に関連する現地ガイド記事

ベルギー、土産に関する現地ガイド記事を集めました。ベルギー、土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

水の都ブルージュを散策

[2016/02/28] りんみゆき

ブリュッセルから電車で約一時間でブルージュ到着。12歳以下は無料です。ブルージュは小さな町なので、自転車を借りたら隅から隅まで行けてしまいます。自転車レンタルは駅前やインフォメーションの近くにあります。自転車を利用する人が多いので大きな道路の端にも自転車専用レーンがあり、子連れでも安心。子ども用自転車のレンタルもあります。小路に入る前には、自転車が通っていいかの標識を確認します。風車の横を通ったり、跳ね橋を渡ったりと中心地よりも外の部分を自転車観光するのがおすすめです。 続きを読む



甘い香りに包まれた中世の街ブリュッセル

[2016/01/28] りんみゆき

ブリュッセル駅で降りると、チョコレートとワッフルとお花の甘い香りに歓迎されて思わず笑顔。ベルギーの有名人、「小便小僧」(マネキンピスManneken Pis)は駅から石畳を歩いて約10分の距離。お土産やさんもこの辺りにたくさん並んでいます。人だかりができているのですぐにわかりますが、びっくりするほど小さくてかわいい像。もともとここは水汲み場として使われていました。「小僧」に対抗して、あるバーのオーナーが人集めのために作った少女版の像(ジャンネケピスJeanneke Pis)も少し離れたところにあ… 続きを読む



上海屈指の日曜古本市で、掘り出し物を見つけよう!

[2011/07/16] 小田川愛

上海の「豫園エリア」は細い路地が網目のようにめぐり、昔ながらの風情や町並みが今も息づいている下町情緒たっぷりのスポットです。その中でも南市と呼ばれている豫園の南側周辺は、観光客の姿を見かけることが少ない、超ローカルエリアです。上海には異国の文化を反映した見どころが沢山ありますが、中国の中の上海という意味では、この南市周辺が一番「中国らしい上海」と言え、隠れた歴史的な観光名所が庶民の暮らしの中に溶け込んでいます。 続きを読む



老舗カフェ&レストラン、コロンボで感じるリオのベル・エポック

[2010/06/02] 東リカ

1894年、リオのダウンタウンにオープンしたコンフェイタリア・コロンボ(Confeitaria Colombo)は、19世紀ヨーロッパの面影を強く残す、優雅なカフェ&レストラン。アールヌーボ建築の美しいこのお店は、世界遺産都市ブラジリアを建設したジュセリーノ・クビチェック大統領や作曲家ヴィラ・ロボスをはじめ、ブラジルの政治家や文化人に長く愛されてきました。現在も、カリオカはもちろん多くの観光客で賑わっています。タイムスリップしたようなクラシカルな店内で、100年前のリオに思いを馳せてみては? 続きを読む



お土産やプレゼントに薦めたいココのチョコレートは箱にも注目!

[2009/11/12] 内田よしえ

チョコレート店は市内にいくつかあるけれど、お土産やプレゼントにオススメしたいのがBeacon Hill Chocolates(ビーコンヒル・チョコレート)店のチョコレート。高級住宅街&観光名所で知られるビーコンヒルにあるこの店はこじんまりとしているが人気は高く、オーナーが選び抜いたというチョコは味はもちろんのこと見た目にも美しい。チョコレートで有名なベルギーからの輸入物も多く、中にはベルギー王室御用達と言われるメリーショコラティエのチョコも! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベルギー、土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。