「ベルギー、観光」に関連する現地ガイド記事

「ベルギー、観光」に関連する現地ガイド記事

ベルギー、観光に関する現地ガイド記事を集めました。ベルギー、観光の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

グラフィティーアーティストたちが創り上げたサンティアゴの青空美術館

[2017/04/13] 鰐部マリエ

サンティアゴの街中にはオシャレで完成度の高い壁画が沢山描かれています。海外からの観光客もカメラを片手に壁画の写真を撮っている様子をよく見かけます。チリ出身の壁画アーティストがニューヨークで注目を浴び、ニューヨークのいたるところで壁画を描く仕事をしているチリ人も多くいるほど、サンティアゴやお隣のバルパライソではオシャレで素敵な壁画を沢山見ることができます。今回は特にそんなオシャレな壁画が沢山描かれたサンティアゴ中心部から少し離れたサンミゲルという地域の青空美術館について紹介したいと思います。 続きを読む



アムステルダムのパンネクーケンハウス厳選3店

[2017/03/06] テメル華代

オランダで定番の食事にパンネクーケン(pannenkoeken)があります。少し厚めのクレープのように生地を焼くオランダ風のパンケーキで、フルーツやクリームをのせたスイーツ系と、ベーコンや野菜をトッピングした食事系があります。日本のたこ焼きのように、小さく丸く焼いたポッフェルチェス(poffertjes)も人気のメニュー。そば粉とイースト菌を入れて柔らかく焼き上げ、たっぷりのバターやシロップ、粉砂糖をかけていただきます。オランダを訪れたらぜひ食べていただきたいパンネクーケン。アムステルダムにある… 続きを読む



おとぎ話の国、ルクセンブルグへ!

[2016/06/26] りんみゆき

日本人にはあまり馴染のない、遠い国のイメージがある小国のルクセンブルグ。日本からの直行便はありませんが、隣国のドイツ、フランス、ベルギーから電車や飛行機で行くことができます。「古い街並みと要塞砦」が1994年に世界遺産登録されただけあり、橋を渡り、旧市街へ入ると中世にタイムスリップした感覚に陥ります。新市街と旧市街を結ぶ84メートルの石造のアーチ橋であるアドルフ橋は2016年2月現在は修復工事の真っ最中。その様子はwww.healtheadolphebridge.luで見ることができます。 続きを読む


水の都ブルージュを散策

[2016/02/28] りんみゆき

ブリュッセルから電車で約一時間でブルージュ到着。12歳以下は無料です。ブルージュは小さな町なので、自転車を借りたら隅から隅まで行けてしまいます。自転車レンタルは駅前やインフォメーションの近くにあります。自転車を利用する人が多いので大きな道路の端にも自転車専用レーンがあり、子連れでも安心。子ども用自転車のレンタルもあります。小路に入る前には、自転車が通っていいかの標識を確認します。風車の横を通ったり、跳ね橋を渡ったりと中心地よりも外の部分を自転車観光するのがおすすめです。 続きを読む



甘い香りに包まれた中世の街ブリュッセル

[2016/01/28] りんみゆき

ブリュッセル駅で降りると、チョコレートとワッフルとお花の甘い香りに歓迎されて思わず笑顔。ベルギーの有名人、「小便小僧」(マネキンピスManneken Pis)は駅から石畳を歩いて約10分の距離。お土産やさんもこの辺りにたくさん並んでいます。人だかりができているのですぐにわかりますが、びっくりするほど小さくてかわいい像。もともとここは水汲み場として使われていました。「小僧」に対抗して、あるバーのオーナーが人集めのために作った少女版の像(ジャンネケピスJeanneke Pis)も少し離れたところにあ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベルギー、観光」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。