「ベルリン、高級住宅地」に関連する現地ガイド記事

「ベルリン、高級住宅地」に関連する現地ガイド記事

ベルリン、高級住宅地に関する現地ガイド記事を集めました。ベルリン、高級住宅地の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

都市と自然、ミュンヒェンと郊外のシュタルンベルク湖

[2016/05/16] 沖島博美

ヨーロッパの大都市に滞在し、自然を満喫しながら休暇を過ごす・・・。こんなことが可能なのだろうか。ドイツであれば十分に可能だ。首都に全てが集中している国と異なり、16州から成るドイツでは、州都の規模は程よい大きさなのだ。ドイツ最南端の州都ミュンヒェンはドイツアルプスも近く、空気がきれいで風光明媚なことから早くから俳優や芸術家、作家、スポーツ選手など有名人が好んで住む町だった。彼らは市内から西や南に点在している湖の近くに住居を構えた。そんな中で、もっとも人気がある湖がミュンヒェンから西南へ25Kmの… 続きを読む



近代建築の手本となったベルリンのモダニズム集合住宅群

[2013/06/15] Kei Okishima

「これが世界遺産?」と、首をかしげる人がいるかもしれない。一見どこにでもある普通の建物。良く目にする集合住宅で、中には一般市民が住んでいる。今日あちらこちらに建っている集合住宅と一体なにが異なるのか。実はこれらの建物、全て1910年代から1930年代前半までに建設されたものなのだ。それなのにたった今建設中の建物と比べてみても何ら遜色がない。現在の感覚で眺めてみても、なかなかデザインが良い。これらがおよそ100年前に建てられたものであるとは思えない。ベルリンでは1990年代にムゼウムスインゼル(博… 続きを読む



”緑の森”に残る悲惨なホーム 17番線から出発した電車の向かった先は?

[2010/07/01] Kei Okishima

ベルリンの西端にあるグルーネヴァルト地区。ドイツ語でグリューンは緑、ヴァルトは森の意味。「緑の森」の意味のグリューネヴァルトが訛ってグルーネヴァルトになったと言われている。その名の通り、ここは緑の森だった。19世紀後半に巨大都市となったベルリンでは、中心部の喧騒を嫌って政治家や貴族、芸術家たちが静かなグルーネヴァルトに移ってきた。19世紀末からたちまちグルーネヴァルトは高級住宅地になる。現在でも相変わらずここは高級住宅地。ベルリンっ子たちの間ではグルーネヴァルトに居を構えることがステータスになっ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベルリン、高級住宅地」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。