「ベーコン」に関連する現地ガイド記事

「ベーコン」に関連する現地ガイド記事

ベーコンに関する現地ガイド記事を集めました。ベーコンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンガスビーフ100%!絶品バーガーショップ『THE BUTCHER』

[2017/11/26] テメル華代

THE BUTCHERのハンバーガーの魅力は選び抜かれた素材です。パティには世界三大品種に数えられる、最高品質のアンガスビーフのみを使用し、ハーブや野菜の新鮮さにもこだわっています。ホームメイドのバンズはセミブリオッシュで、ほのかな甘みが牛肉の風味を引き立てます。看板メニューは、牛肉の旨味が詰まった肉厚ジューシーなパティと、グリルドオニオン、新鮮なトマト、レタス、ピクルスを重ねて特製ソースをかけ、ふわふわのバンズでサンドする『The Butcher(8.95ユーロ)』です。エダムチーズを追加した… 続きを読む



町並みが保存されたレイコック村に滞在したい人にオススメ!オールド・クラブハウスB&B

[2017/05/13] ディキンソン恵子

チェックインしたら、翌朝の朝食のリクエスト用紙に記入するシステムになっているオールド・クラブハウスB&B。イギリスの朝食といえばイングリッシュ・ブレックファストが定番ですが、もちろんオールド・クラブハウスB&Bでも、ウィルトシャー州産のベーコンやソーセージを使用したイングリッシュ・ブレックファストを楽しむことができます。もっと軽い食事で済ませたい人、ベジタリアンや グルテンフリーなど選択肢もいろいろあるのでご安心を。 続きを読む



アムステルダムのパンネクーケンハウス厳選3店

[2017/03/06] テメル華代

オランダで定番の食事にパンネクーケン(pannenkoeken)があります。少し厚めのクレープのように生地を焼くオランダ風のパンケーキで、フルーツやクリームをのせたスイーツ系と、ベーコンや野菜をトッピングした食事系があります。日本のたこ焼きのように、小さく丸く焼いたポッフェルチェス(poffertjes)も人気のメニュー。そば粉とイースト菌を入れて柔らかく焼き上げ、たっぷりのバターやシロップ、粉砂糖をかけていただきます。オランダを訪れたらぜひ食べていただきたいパンネクーケン。アムステルダムにある… 続きを読む



1905年のベニスビーチを再現したレストラン

[2017/02/23] 大山真理

一番人気は、「Bank Burger(バンクバーガー)」。ビーフは、227グラムとボリュームたっぷり。しかも、遺伝子組み換えのトウモロコシではなく、放牧で草を食べて育ったジューシーでヘルシーなもの。これに、オーガニックのチーズ(乳糖を消化吸収できない人でも食べられるチーズなんだとか)、砂糖で煮込んだタマネギとベーコンを温かいブリオッシュのバンにはさんで、ルッコラとガーリックが効いたアイオリ(卵黄と油を乳化させて作ったソース)をかけて仕上げている。 続きを読む



現地で食べたいオランダの伝統料理!アムステルダムのおすすめレストラン

[2017/02/13] テメル華代

北海のニシンを塩漬けにしたハーリング(Haring)はプリプリして甘味があり、シャキシャキの玉ねぎやピクルスとの相性が抜群です。温い前菜のおすすめは、表面はカリカリ、中はアツアツのホワイトソースがとろけるビターバレン(Bitterballen)。直径約4cmの球状のクリームコロッケで、マスタードをつけて食します。乾燥グリンピースで作るエルテンスープ(Erwtensoep)はオランダの代表的な家庭料理です。薫製ソーセージやベーコンを、ジャガイモ、ニンジン、根セロリなどの野菜と一緒に煮込み、スープの… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ベーコン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。