「ペストリー」に関連する現地ガイド記事

「ペストリー」に関連する現地ガイド記事

ペストリーに関する現地ガイド記事を集めました。ペストリーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

貴重な地質の宝庫、世界ジオパークのランカウイ島にセントレジス・ランカウイが誕生!

[2017/05/19] 古関千恵子

レストラン&バーは5カ所。中でも注目したいのは、水上に築かれたアジア料理「カユ・プティ」。手掛けたのは、トロピカル建築の巨匠、ビル・ベンスリーです。100年以上前の扉や窓をヤンゴンのオランダ大使館から移築し、ラクダの骨で装飾されたチーク材の60本の柱をインドから運んだそう。アジアと中東の香りを取り入れたモダンフレンチの「オランジュリー」、ホームメイドのパンやペストリーを揃えた「グルマンデリ」など、食の選択肢が揃っています。そしてセントレジスといえば、各プロパティでフレーバーが異なる“ブラディ・マ… 続きを読む



メキシコの刺繍小物と織物が豊富に揃っているお店

[2017/04/10] 宮谷千英

チアパス州では女性や男性の民族衣装にも色鮮やかな刺繍を施してある。多いのは花だけのシンプルなもの。ウィピルという民族衣装の一種で、長方形の織物を2~3繋ぎ合わせて作った貫頭衣(布の中央に穴をあけその穴に頭を通すタイプの衣服)にも刺繍は欠かせない。クッションカバーやタペストリー、テーブルランナーやバッグなどの小物まで、チアパス州の刺繍雑貨や織物がエンセナーダ市内で一番揃っているのは、Adobeショッピングコート中のお店。他では見つからなかったものもこちらでは見つかるかも。 続きを読む



女性の自立を助けているマルディンの土産物店

[2016/11/08] オキシマ・ヒロミ

奥の方に、爬虫類のような動物だが顔は美しい女性、という何とも不思議な絵があった。これと同じ絵をこの辺りでよく見かける。聞いてみたところ、これは“メソポタミアの女神”と呼ばれている守り神だそうだ。なるほど、確かに南東アナトリアの各都市で見かけ、額に入った絵だったりタイル画だったり、あるいはタペストリーに織り込まれていたりする。邪視から災いを防ぐとされるポピュラーなトルコのお守り、青い目玉のナザール・ボンジュウよりも、こちらの方が南東アナトリアではメジャーだ。魔除けとして好まれており、ほとんどの家庭… 続きを読む



キャセイパシフィック航空が高級ホテルとのコラボ機内食メニューを期間限定で提供

[2014/12/13] 寺田直子

そして11月1日から12月31日までのロンドン発香港行きのフライトでは、マンダリン オリエンタル ハイドパーク ロンドンの人気バー「ブリュ」のエグゼクティブシェフでミシュランの星を獲得しているディーン・ヤシャリアン氏による特別メニューを提供。こちらは前菜にビストロの伝統的料理である新鮮なドーセット産カニ、ダックレバーのテリーヌを。メインコースでは赤ワインソースでじっくりと煮込んだ英国産オーガニックビーフをパースニック根のピュレとともに提供。魚料理には濃厚なバター風味のカレイにグルノーブルソースを… 続きを読む


香港街歩き・ワンチャイを歩こう

[2014/06/01] 宮 江梨子

一番下町らしい顔を見せてくれるのが、トラムが走るジョンストン・ロード界隈。特にシップストリート辺りまでは、ごちゃごちゃとした香港らしい風景が広がります。太原街でストリートマーケットに入るもよし、春園街で有名店・金鳳茶餐庁のチキンパイやエッグタルトを頬張るもよし。ちょっと飲みたいなら、トラム沿いのブリティッシュパブ、Pawnで一杯なんてのも良さそう。カフェなら、Pawnの近くにあるPassionがオススメ。美味しいケーキやペストリーが大人気、軽食も楽しめます。また、太原街をクィーンズロード真っ直ぐ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ペストリー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。