「ペストリー」に関連する現地ガイド記事

「ペストリー」に関連する現地ガイド記事

ペストリーに関する現地ガイド記事を集めました。ペストリーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

女性の自立を助けているマルディンの土産物店

[2016/11/08] オキシマ・ヒロミ

奥の方に、爬虫類のような動物だが顔は美しい女性、という何とも不思議な絵があった。これと同じ絵をこの辺りでよく見かける。聞いてみたところ、これは“メソポタミアの女神”と呼ばれている守り神だそうだ。なるほど、確かに南東アナトリアの各都市で見かけ、額に入った絵だったりタイル画だったり、あるいはタペストリーに織り込まれていたりする。邪視から災いを防ぐとされるポピュラーなトルコのお守り、青い目玉のナザール・ボンジュウよりも、こちらの方が南東アナトリアではメジャーだ。魔除けとして好まれており、ほとんどの家庭… 続きを読む



キャセイパシフィック航空が高級ホテルとのコラボ機内食メニューを期間限定で提供

[2014/12/13] 寺田直子

そして11月1日から12月31日までのロンドン発香港行きのフライトでは、マンダリン オリエンタル ハイドパーク ロンドンの人気バー「ブリュ」のエグゼクティブシェフでミシュランの星を獲得しているディーン・ヤシャリアン氏による特別メニューを提供。こちらは前菜にビストロの伝統的料理である新鮮なドーセット産カニ、ダックレバーのテリーヌを。メインコースでは赤ワインソースでじっくりと煮込んだ英国産オーガニックビーフをパースニック根のピュレとともに提供。魚料理には濃厚なバター風味のカレイにグルノーブルソースを… 続きを読む


香港街歩き・ワンチャイを歩こう

[2014/06/01] 宮 江梨子

一番下町らしい顔を見せてくれるのが、トラムが走るジョンストン・ロード界隈。特にシップストリート辺りまでは、ごちゃごちゃとした香港らしい風景が広がります。太原街でストリートマーケットに入るもよし、春園街で有名店・金鳳茶餐庁のチキンパイやエッグタルトを頬張るもよし。ちょっと飲みたいなら、トラム沿いのブリティッシュパブ、Pawnで一杯なんてのも良さそう。カフェなら、Pawnの近くにあるPassionがオススメ。美味しいケーキやペストリーが大人気、軽食も楽しめます。また、太原街をクィーンズロード真っ直ぐ… 続きを読む



ドイツ最後の皇帝終焉の地。ハウスドールン

[2014/02/27] ミツフィ

亡命生活といえど、前皇帝一家は出来る限りドイツの宮殿風の生活スタイルを心がけていました。各室の壁には敬愛するフリードリヒ大王や家族、祖先の肖像画。厳選されたマイセン磁器や銀細工の数々。ユニークな嗅ぎ煙草入れのコレクションなど。やはりドイツから持参した王室のコレクションや調度品は豪華で気品に満ちています。ゴブラン織りの部屋の壁を彩る豪華なタペストリーは、18世紀にマリー・アントワネット(1755年-1793年)が当時のプロイセン王室に贈呈した由緒あるコレクションで、「オランダ国内に現存するゴブラン… 続きを読む



フィンランドのお茶タイムを楽しみましょう

[2014/02/06] Yumi

フィンランドの有名な詩人 ルーネベリ(1804–1877)にちなんで名づけられた焼き菓子、ルーネベリ・トルテはアーモンドとラムまたはアラックで風味をつけたペストリー。その上には砂糖の輪とその中に入ったラズベリージャムがのっています。詩人ルーネベリがプンシュと呼ばれるリキュール酒と一緒に毎朝食べていたと言われています。フィンランドでは1月の終わりからルーネベリの誕生日である2月5日くらいまでこのタルトがお店に出回ります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ペストリー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。