「ペルー、施設、子供」に関連する現地ガイド記事

「ペルー、施設、子供」に関連する現地ガイド記事

ペルー、施設、子供に関する現地ガイド記事を集めました。ペルー、施設、子供の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンデス最古の黄金に触れる、クントゥル・ワシ遺跡と博物館

[2012/04/18] 原田慶子

2009年11月30日のペルーガイド記事でご紹介した、インカ皇帝ゆかりの温泉がある街カハマルカ。そこから108kmの地点、カハマルカ州サン・パブロ郡に「クントゥル・ワシ遺跡」がある。アンデス文明の胎動期とも言える形成期(紀元前2500〜50年)を代表するこの遺跡は、大貫良夫教授を団長とする東京大学古代アンデス文明調査団が1988年以来発掘調査を続けてきた祭祀建造物。ペルー考古学の父フリオ・C・テーヨが「Kuntur Wasi(ケチュア語で“コンドルの家”)」と名付けたこの遺跡からは、アンデス文明… 続きを読む



湯巡り三昧!アンデスの温泉村チュリン

[2011/09/03] 原田慶子

南半球のペルーは今が冬の真っ只中。お風呂に浸かってゆっくり身体を温めたいと思っても、ホテルのバスルームはシャワーだけということもあるだろう。そんな時は温泉へ行くのが一番!リマから1泊2日で楽しめるアンデスの村「CHURIN/チュリン」は、温泉巡りができるペルーでも稀有な場所だ。近隣にもいくつか温泉があり、チュリンはその湯巡りの拠点となっている。特にお勧めなのは、元ペルー大統領アルベルト・フジモリが愛した温泉。鉱物をたっぷり含んだ上質の湯は、旅の疲れを身体の芯から癒してくれるだろう。チュリンへの旅… 続きを読む



世界遺産 マチュピチュ遺跡 

[2010/04/14] 原田慶子

2ヶ月間の長き閉鎖期間を経て、世界遺産「Machu Picchu/マチュピチュ遺跡」の見学が4月1日に再開された。世界中の観光客が訪れるインカ時代の空中都市だが、今年1月24日にクスコ地方を襲った大雨によって遺跡へ向かうルートが遮断され、復旧作業中の立ち入りが全面禁止になっていたのだ。遺跡の麓にあるマチュピチュ村を始め、近隣の村々に多大な被害を与えた豪雨だったが、随所に水路が巡らされ排水システムが整っていたこの遺跡は、何ら影響を受けなかったという。多くの建物が倒壊し道路網が寸断される一方で、この… 続きを読む



中世のリマを彷彿させるパルケ・デ・ラ・ムラヤ

[2010/01/10] 原田慶子

中世の城郭都市というなんともロマンチックな響きは、何もヨーロッパに限ったものではない。ここペルーの首都リマもほんの短い期間ではあったが、城郭都市だったことがあるのだ。17世紀に造られた石造りの壁も、その後の都市拡張や幾度かの地震により18世紀にはそのほとんどが失われてしまったが、近年、辛うじて残っていた壁が保護され、当時の様子を伝える城壁公園として蘇った。それが「Parque de la Muralla(パルケ・デ・ラ・ムラヤ/城壁公園)」だ。当時の石造りの壁や民家跡が修復され、展示パネルもきち… 続きを読む



リマ観光の穴場、遺跡もあるラス・レジェンダス動物園

[2009/09/16] 原田慶子

「Parque de las Leyendas(パルケ・ラス・レジェンダス)」は1964年3月21日に開園したペルー初の動物園。「パルケ=公園」というだけあって、ここはただの動物園ではない。約97ヘクタールの広大な敷地には、プレインカ時代のワカ(日干煉瓦で造られた遺跡建造物)があちこちにあり、博物館も併設されている。カフェテリアや屋台はもちろん、植物園やボートにも乗れる湖、子供たちが思いっきり楽しめる遊戯施設、ペルーが誇る鉱山や油田の採掘現場を再現した施設まであるのだ。例えば遺跡をバックにアルパ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ペルー、施設、子供」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。