「ペルー、日照時間」に関連する現地ガイド記事

「ペルー、日照時間」に関連する現地ガイド記事

ペルー、日照時間に関する現地ガイド記事を集めました。ペルー、日照時間の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

北欧の冬。家で暖まる、ダニッシュデザイン。おすすめ4ブランド!

[2016/01/31] MizukiPoulsen

北欧の冬は寒くて長い。日照時間が少ないので、家にいる時間も長くなります。そのため、あたたかく室内で過ごすのに一役買う素敵な雑貨がたくさんあるんです。質の良くて洗練されたデザインが揃うデンマークから、冬のおすすめ雑貨をご紹介します!…下記のブランドは、コペンハーゲンのイルムス・ボーリフスにて全部そろいます。◆Illums Bolighus ホームページ:http://www.illumsbolighus.dk/ 住所:Amagertorv 10, 1160 Koebenhavn K 続きを読む



インカの農業実験場「モライ遺跡」

[2012/08/22] 原田慶子

アンデスを旅する時、その山肌に整然と広がるアンデネス(段々畑)の美しさに心を奪われる人は多いだろう。山の頂きから谷底までを覆いつくすように作られたそれに、インディヘナの大地に対する想いとこの国における農耕の歴史を強く感じる。熱帯気候に属するペルーでは、古来より高地でもさまざまな作物が作られてきた。標高2000〜3000mではトウモロコシや豆類が、3000mを超える場所では多種多様なジャガイモが栽培され、人々の命を繋いできたのである。そしてインカの時代。領土拡大とともに膨れ上がっていく人口を支える… 続きを読む



ペルーの夏はすっきりさっぱり、ピスコサワーで乾杯!

[2008/12/11] 原田慶子

Pisco(ピスコ)というお酒をご存じだろうか。リマ以南の太平洋岸地域、ピスコやイカを中心に作られるブドウの蒸留酒だ。日本では「ペルーのブランデー」と紹介されているが、色は無色透明。爽やかな香りとまろやかな口当たりが人気で、カクテルとしてもよく利用される。中でも人気なのが国民的カクテル、ピスコサワー。ペルーでは2月3月のブドウの収穫期に合わせて、毎年2月の第一土曜日が「ピスコサワーの日」になっているほど。この時期、リマ市内のホテルや広場では様々なイベントが行われる。ピスコ好きには堪らない季節の到… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ペルー、日照時間」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。