「ペルー、果物」に関連する現地ガイド記事

「ペルー、果物」に関連する現地ガイド記事

ペルー、果物に関する現地ガイド記事を集めました。ペルー、果物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ペルーは南米のフルーツパラダイス!その2

[2015/11/22] 原田慶子

「フルーツパラダイス・ペルー」。今回はアマゾンの人々に愛される森のフルーツを紹介しよう。まずは自然界で最も多くのビタミンCを含むといわれている「CAMUCAMU(カムカム)」から。赤紫色の丸い果実で、ビタミンC含有量はレモンのおよそ60倍。酸味が強いためジュースに加工されることが多く、その果汁は日本にも輸出されている。オオミテングヤシの果実「AGUAJE(アグアヘ)」も、ペルーを代表する熱帯フルーツだ。生の果肉は酸味とえぐみが強いが、茹でてジュースやアイスクリームに加工すると、何とも言えぬ独自の… 続きを読む



ペルーは南米のフルーツパラダイス!その1

[2015/10/25] 原田慶子

海岸地域、山岳地域、そしてアマゾンという多様な気候風土を有すペルーは、世界有数のフルーツ生産国。南米原産の果物は多く、マンゴーやパパイヤ、パイナップルといった日本で珍重されるトロピカルフルーツも、ペルーでは日常的に食べられており、その豊かさには驚きを隠せない。メルカド(伝統的市場)の果物店では最低でも20種類、外国人観光客が立ち寄るような大きな店舗なら200種類以上の色鮮やかなフルーツが店頭に並び、一様に甘酸っぱい芳香を漂わせている。ホテルの朝食に出てくるカットフルーツだけを食べて帰国するのは勿… 続きを読む



新鮮で美味しい野菜や果物が並ぶ、地元人が通う「フェリア」へ行ってみませんか?

[2015/08/27] 鰐部マリエ

サンティアゴの旧市街では毎日のようにどこかで「フェリア」が多く開かれています。フェリアとはスペイン語で市場という意味なのですが、主に野菜や果物や日常品などが中心に売られています。例えばスーパーでは1キロ約1200ペソ(約240円)するトマトが、フェリアではなんと1キロ約700ペソ(約140円)で買うことができます。値段も安いですが、なんといっても新鮮でオーガニックな美味しい野菜や果物が揃っているのが特徴です!美味しい野菜や果物を求めて特に週末になると多くの人でフェリアは賑わっています。 続きを読む



ラテンアメリカ最大級の国際グルメフェスティバル「ミストゥラ」開催!

[2010/06/21] 原田慶子

日本で「ペルー料理」といえば、ジャガイモやトウモロコシなどの食材を用いた素朴なものを想像される方も多いだろう。しかし欧米では今やグルメの代名詞と評され、雑誌「Time」や「Gourmet」でもしばしば特集が組まれるほど。そんな中、今年もペルー中のグルメが一堂に会す巨大イベントがやってくる。今年3回目を迎える「Mistura/ミストゥラ」は、ペルー伝統料理だけでなく、国内有名レストランの料理を廉価で試せる絶好のチャンス!ペルー各地の珍しい野菜や果物、加工品などを販売する「El Gran Merca… 続きを読む



総合民芸品ギャラリー、ポコ・ア・ポコの世界へようこそ!

[2009/03/24] 原田慶子

柔らかく優しい手触り、ふんわり軽く温かな使い心地、日本人好みの淡い色から深みのある濃い色まで、無限に広がる豊富なカラーバリエーション。これが「POCO A POCO(ポコ・ア・ポコ)」のアルパカ製品の特徴だ。日本人オーナーの早内香苗さんが生み出すアルパカの染め物は、すべて天然の草木染め。コチニールやアンデスで採取されるチルカの葉、苔類、鉱物を巧みに合わせ、誰にも真似できない豊富な色彩を生みだしている。どの染めも素晴らしく、ショールやマフラーを色違いで何枚も購入する人が多いのも頷ける話だ。リマでお… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ペルー、果物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。