「ホテル」に関連する現地ガイド記事

「ホテル」に関連する現地ガイド記事

ホテルに関する現地ガイド記事を集めました。ホテルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

メイクもヘアスタイルも崩すことなく手軽に海中探検!

[2016/12/22] NEMO

シーウォーカーを体験したいなら、ホテルからの送迎やランチ、さらにカヤックやベダルボートなどのアクティビティがセットになったプランがオススメ! ホテル発の時間は朝7時30分を第一便として約2時間ごとに5便用意されています。所要時間は3〜4時間なので、午前中から出かけて午後はのんびりお昼寝をしたり、お買い物に時間を使うのが効率的だと思います! 体験できるのは8歳か80歳までと幅広いので、家族全員で仲良く海中探検を楽しんでみてはいかがですか? 続きを読む



4種類のカオマンガイが同時に食べられる人気屋台!

[2016/12/20] 根本聡子

バンコク市内の多くのカオマンガイ屋さんで使われているのはプラスティックやメラミン素材のシンプルなお皿ですが、こちらは高級感ある陶器を使っているのもポイント。カオマンガイに欠かせないスープ入れに使われているのは日本のお椀です。陶器でカオマンガイを食べられるのは高級ホテルくらいだと思っていたのでこれにはビックリ! 味はもちろん、見た目にもこだわったカオマンガイ。売り切れる前にぜひ食べてくださいね! 続きを読む



コロニアル時代の名残がそこここに ノスタルジックに、ゴージャスに、シェムリアップ

[2016/12/19] 岩佐 史絵

ラッフルズホテルはシンガポールに最初に建設されたホテルですが、現在もワールドワイドにあちこちに建設されており、来年にはポーランドにもできるそう。ホテル内のスーベニアショップにはラッフルズオリジナルのグッズが売られており、施設によってそれぞれデザインが異なります。どのラッフルズもおもてなしのすばらしさは世界有数。全部周ってステッカーなどのグッズを集めたくなりますね。Raffles hotel Siem Reap:1 Vithei Charles de Gaulle, Khum Svay Dang … 続きを読む



未知の街、プノンペンの楽しみ方

[2016/12/11] りんみゆき

FCC(外国人記者クラブ)はオープン当初から海外からのジャーナリストや援助隊員が集う憩いの場所でした。川沿いに建つコロニアルな建物は現在はホテルとレストラン、そしてトレンサップ川を見下ろせるルーフトップバーとして使われています。夕暮れ時にはサンセットを見にくる人で賑わいます。子どもも入れますが、騒ぐのはルール違反。生演奏を聴きながら踊ったり、ビリーヤードをしたりと、少し大人の世界を垣間見ることができます。FCCは地域の多くのNGO団体や子ども病院をサポートしていて、売上金の一部は寄付されます。 続きを読む



昼は海を、夜は生演奏を。ムイネーでおすすめのカフェレストラン「ジョーズカフェ」

[2016/11/30] 古川 悠紀

ベトナム中南部のムイネーにはレストラン併設型のホテルがいくつかあります。ここジョーズカフェもその一つ。しかし、すべてのお店は宿泊者以外も歓迎してくれます。ジョーズカフェは昼間でも夜でもおすすめのオープンエアカフェレストランです。ウッド調のナチュラル系の内装は随所に南国を感じられる要素があり、それでいてビリヤード台や昔の原付バイクなどクラシカルな雰囲気も見られます。場所は宿泊施設が並ぶ観光のメインストリートのグエンディンチウ(Nguyen Dinh Chieu)通りに位置し、24時間営業のコンビニ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ホテル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。