「ホメロス」に関連する現地ガイド記事

「ホメロス」に関連する現地ガイド記事

ホメロスに関する現地ガイド記事を集めました。ホメロスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アテネ・エピダウロス・フェスティバル&パトラ国際フェスティバル 2014

[2014/09/05] アリサンドラトゥー芳香

ロシアのバレエ団などの公演から今季のフェスティバルがスタートしたパトラでは、今年も音楽や演劇で7月一杯までのスケジュールが組まれています。また大抵9月以降にも追加で新しいプログラムが入ってくることが多いです。2014年の注目作としては6月26日に昨年ギリシャで話題となったホメロスの「イリアス」が上演されます。これは世界で初めてイリアス全編を上演するという試みで国内だけでなく国外で話題になった劇で、今年もギリシャ国内やヨーロッパの他国でも上演が決まっています。また6月30日から7月2日にかけて、ソ… 続きを読む



一見の価値有り!古書が作る不思議な空間「幻想図書館」

[2014/08/09] 東リカ

図書館中央に設けられた胸像は、ホメロスやダンテなど古典詩人とも作品が比較されると言うポルトガルの詩人、ルイス・デ・カモンイスのもの。通りの名前にもなっています。また、館内入り口付近には、美しいガラスケースに収められたカモンイスの最高傑作と言われる「オス・ルジアダス/ウズ・ルジアダス(Os Lusiadas)」の初版(1572年)も見ることができます。なお、この本は、ヴァスコ・ダ・ガマを称賛し、大航海時代のポルトガルの栄光を詠う叙情詩で、日本語でも翻訳、出版されています。 続きを読む



マニ地方、中世の村アレオーポリから、ギリシャ本土最南端への旅!

[2011/10/13] アリサンドラトゥー芳香

マニ地方と呼ばれる広大な地域は二つの県にまたがっています。メシニア県のマニからラコニア県のマニへ入ると、ホメロスも記述している古代ギリシャからの村イティロを通って、マニ地方の重要な拠点であるアレオーポリへ到着!ここは石造りの家々とたくさんの古い教会が並ぶ、中世の雰囲気が味わえる村です。昼間は教会などを見て回ったり、近くのビーチ、リメー二で泳いだり。夜はライトアップされて幻想的なムード。マニの中心的な存在であり、大変魅力的な村です。 続きを読む



世界遺産の古代ティリンス遺跡へ!

[2010/01/29] アリサンドラトゥー芳香

13トンにも及ぶという巨石が積み重ねられた城壁が印象的なのが古代ティリンス遺跡。ティリンスやミケーネの遺跡にみられる巨石建造物である城壁は、ホメロスによると「単眼の巨人キュクロプスが建てた」ことになっています。実際に遺跡に足を踏み入れると、厚みも場所によっては17メートルに達するという迫力ある城壁の間を上って、正門跡へ。ここには、本来有名なミケーネ遺跡の獅子門と同じつくりだったそうで、よく似た巨大な一枚岩から作られた柱が残っています。この地方はみかんの栽培が盛んで、城壁の周りは、みかん畑に囲まれ… 続きを読む



古代から産地として有名なエーゲ海で、天然の海綿をGETしよう!

[2009/05/18] アリサンドラトゥー芳香

日本ではちょっと高くて、なかなか普段使いはできない天然の海綿。ギリシャのエーゲ海は、古代から海綿の産地で、今でも安く海綿が手に入ります。古代ギリシャで海綿がどう使われていたかは、ホメロスの「イリアス・オデュッセイア物語」でもみることができます。例えば、へーパイストスが身体を海綿で洗う……という記述。そして、イタカ島に戻ってきたオデュッセイアが、ペネロペの求婚者たちを討ち果たしたあと、血にまみれた広間を掃除させるシーン。ここでは、女中たちが食卓や椅子を水と海綿で洗い清めます。このように、現代と同じ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ホメロス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。