「ボカディージョ」に関連する現地ガイド記事

「ボカディージョ」に関連する現地ガイド記事

ボカディージョに関する現地ガイド記事を集めました。ボカディージョの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

グルメベイカリーのカフェが手軽で美味しい!

[2015/10/21] 鈴木美佐子

お店の名前となる”Crusto”とはカタルーニア語でフランスパンの先の硬い部分のこと。外側はパリパリのバゲットも人気です。朝の焼きたてのクロワッサンから昼時は焼きたてパンで作ったボカディージョ(サンドイッチ)やサラダのセットランチが人気です。カフェスペースはテラス席とテーブル10席もないスペースですが、美味しいコーヒーが飲めるカフェとしてもも評判です。エイシャンプル地区にあり、観光にも便利です。 続きを読む



朝ごはんはバルセロナっ子と一緒にBAR、カフェで!お得朝定食も。

[2010/02/25] 鈴木美佐子

スペインでの朝食というと、コンティネンタル・ブレックファーストでどちらかというと軽いものです。一般的にはカフェとクロワッサンやデニッシュパンまたはボカディージョと呼ばれるバゲットに入ったサンドイッチ。そしてなによりもスペイン滞在中に勧めしたいのがしぼりたてのバレンシア・オレンジのジュースです!旅行中のビタミン補給にも最適です!オーダーはナチュラル・オレンジジュース(ZUMO DE NARANJA NATURAL)とお願いしましょう。 続きを読む



スペインならではのサンドイッチ、ボカディージョ(BOCADILLO)

[2008/11/20] 鈴木美佐子

バルセロナ市内ではBARやカフェではほとんどのところでボカディージョを買うことが可能です。お勧めはBARやカフェでのボカディージョで生ハムやチョリソや、豚肉のソテーをはさんだもの。持ち帰り用も注文可能です。PAN CON TOMATEでお願い!と念のため確認するのをお忘れなく。またバルセロナ生まれのチェーン店PANS&COMPANYなどのボカディージョ専門のファーストフード店もあります。ボカディージョの大きさは平均20cmほど。一つで十分おなかもいっぱいになります! 続きを読む



これを知らないとスペインフリークにはなれない!モンタディート

[2008/02/27] 田中富子

スペインの庶民のお弁当といえば、“BOCADILLO(ボカディージョ)”と想像する方は、スペイン旅の上級者。それも、生活に浸透している食文化にかなり精通している。また、MONTADITO(モンタディート)をご存知の方は、さらに上級者である。ボカディージョ、モンタディート共、スペイン式サンドイッチのことである。何が違うのかといったら、それは大きさ。ボカディージョは大きめ、モンタディートは小さめのサンドイッチのことである。 続きを読む



NEW YORK TIMESにも絶賛された!最高級のサンドイッチ

[2008/01/31] 鈴木美佐子

スペイン人にとっても人気はJAMON(生ハム)のボカディージョです。スペインの名物ともいえる生ハムは、豚の種類、生育環境、原産地によって品質も異なり、お値段も20ユーロ/KGのものから最高級のものになると約200ユーロ/KG のものまであるのです。ボカディージョは軽食ですので、CAFEやBARで普通に食べられるのは、お手ごろの生ハムを使ったボカディージョが殆どのようです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ボカディージョ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。