「ボストン美術館」に関連する現地ガイド記事

「ボストン美術館」に関連する現地ガイド記事

ボストン美術館に関する現地ガイド記事を集めました。ボストン美術館の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ボストン生まれの陶器をお土産にいかが?

[2012/02/15] 内田よしえ

しかし残念ながら1943年にデダムポッタリー社が閉鎖してしまったので、本物のデダムポッタリーはとても高級なアンティーク食器となり、現在では手軽に入手することは出来ません。今販売されているのはデダムポッタリーの商標を保持しているデダム歴史協会が承認した会社が作っているレプリカ。しかしレプリカとはいえ陶器の美しさや愛らしさはそのまま!細かく入ったひび割れや優しい乳白色のベース、キレイな藍色で描かれた柄と、どれをとっても素晴らしい。しかしどうしても本物が気になる!という方は、ボストン美術館で見ることが… 続きを読む



待ちに待ったボストン美術館の東新館がオープン!

[2011/01/12] 内田よしえ

ボストン美術館が所有する美術品の数はかなりのもので、広い美術館なのにそれでも展示するスペースが不足しており、人々の目に触れる機会がなかった作品も多かったのですが、このアメリカン・ウィング完成によってようやく表に出て皆に見てもらえるようになりました。今まででも十分見応えある美術館でしたが、新館オープンによってさらに内容が充実して見応えも倍増です! より多くの収蔵展示品を見ることが出来るようになったボストン美術館を楽しんで下さいね! 続きを読む



映画の舞台「イルマーレ」  シカゴで見られる近代美術の巨匠によるアート

[2009/10/26] 大塚ばつ丸

そして大都市には必ずある美術館。シカゴにはボストン美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館と並ぶアメリカ3大美術館のひとつシカゴ美術館がある。展示美術品の中でもスーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』は作品を寄贈した人の遺言に従って、ここシカゴ美術館でしか公開されないことになっている。シカゴを訪れたら、何をおいてもこの作品を見ておかないと他にチャンスはない。 続きを読む



春のイベント!美術品と生花の華麗なるコラボレーション「アート・イン・ブルーム」

[2009/03/12] 内田よしえ

春になると毎年ボストン美術館にて行われるイベントがあります。それが「アート・イン・ブルーム(Art in Bloom)」。これ、アートと生花のコラボレーションを楽しむ事が出来るという、美術好きのみならずお花好きの人にも嬉しいイベント。毎回多くの人たちがこの美しきコラボを見ようと美術館に足を運びます。美術品の前に生花が飾られるのは約50点。約45万点もある所蔵品の内の50点と聞くと、なんだか少なく聞こえるかもしれませんが、いやいや50個のフラワーアレンジメントでも十分見ごたえがあるんですよ! 続きを読む



「ボストン美術館」で世界美術を堪能しよう!

[2008/02/06] 内田よしえ

■Museum of Fine Arts, Boston(ボストン美術館)住所:465 Huntington Avenue, Bostonアクセス:電車・グリーンEライン Museum of Fine Arts駅電話番号:1-617-267-9300URL:www.mfa.org開館時間:月火土日10:00〜16:45、水木金10:00〜21:45休館日:1/1、4月の第3月曜日、7/4、11月の第4木曜日、12/25入館料:大人$17、シニア・学生(18歳以上)$15、7〜17歳$6.5   … 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ボストン美術館」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。