「ボッティチェリ、春」に関連する現地ガイド記事

「ボッティチェリ、春」に関連する現地ガイド記事

ボッティチェリ、春に関する現地ガイド記事を集めました。ボッティチェリ、春の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

フィレンツェのお土産に最適!食べだしたら止まらない絶品ビスコッティ

[2016/02/11] 堂剛

花の都フィレンツェはルネッサンス芸術と歴史が息づいて、当時の様子を肌で感じることができます。ウフィツィ美術館にはボッティチェリの「春」や「ヴィーナスの誕生」、アカデミア美術館ではミケランジェロの傑作「ダビデ像」が出迎えてくれます。芸術作品を満喫し、美味しいトスカーナ料理に舌鼓を打ったら、お土産探しにレッツゴー。自分へのお土産なら手袋やバッグなどの革製品がお勧めですが、会社の同僚やお友達へのお土産なら軽くて配りやすいお菓子が便利ですね。最近はフィレンツェの伝統的菓子「カントゥッチ」が日本でも人気な… 続きを読む



メディチ・リッカルディ宮の1階に生まれた、新スタイルのガッレリア

[2010/04/16] 木場しのぶ

大聖堂(ドゥオーモ)から目と鼻の先にあるメディチ・リッカルディ宮は、その名のとおり、メディチ家に続いてリッカルディ家の住まいとなった宮殿。宮殿は例に漏れず美術館になっています。そしてその北側の一角に昨年登場したのが、通廊のギャラリー。大通りのカヴール通りとその1本西のジノリ通りをつなぐアーケードがギャラリーになっているんです。入場料なし、誰でも自由に通り抜けできる、新スタイルのアート展示会場なのです。 続きを読む



ボッティチェリやアメリゴ・ヴェスプッチらと関係の深いオンニッサンティ教会

[2010/04/07] 木場しのぶ

フィレンツェを歩いていると、あちこちに登場する教会。大聖堂(ドゥオーモ)やメディチ家の菩提寺であるサン・ロレンツォ教会などのように独立した建物ではなく、ファサードが街並みと一続きであるため、その前に来てようやく「あら、ここ教会?」ってことが多いですね。しかしそれらの教会にも、さすがは芸術の都・フィレンツェの教会だけあって、ルネサンスの巨匠の作品が静かに収められ、また彼らが静かに眠っているのです。ガイドブックには載っていなくとも、観落としてはならない教会群。そのひとつが、アルノ川を眺めるように立つ… 続きを読む



フィレンツェが世界に誇るルネサンス芸術。『ウフッツィ美術館』で充実の秋を!

[2009/08/17] 木場しのぶ

さあ、芸術の秋は、世界最大のルネサンス美術を所蔵する『ウフィッツィ美術館』で、絵画鑑賞といきましょう! 美術館名の“Uffizi(ウフィッツィ)”【正式な発音はウッフィツィ】は“Uffizio”の複数形。“Uffizio”は、現在使用される“Ufficio(事務所、役所)”の古形です。つまりこの美術館はそのむかし、トスカーナ大公のコジモ1世が、美術館のお隣にある現在の市庁舎:ヴェッキオ宮に居を構えていた頃(1540〜1565)、町なかに散らばっていた13の官庁を、より監督が行き届くようにとここに… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ボッティチェリ、春」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。