「ボホール、海」に関連する現地ガイド記事

「ボホール、海」に関連する現地ガイド記事

ボホール、海に関する現地ガイド記事を集めました。ボホール、海の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

地元にこだわった、フィリピンの心に残るプチ・リゾート

[2013/08/04] 古関千恵子

フィリピンのボホール島の南西、橋でつながったパングラオ島は、ダイビングポイント”バリカサグ”への拠点として便利なロケーション。近年、ダイバーのみならず、リゾーターにも注目されているのが、パングラオ島南西部にあるアロナビーチです。アロナビーチを見下ろす絶好のロケーションに佇む「アモリタ」は客室数わずか36ながら、旅行サイト『トリップアドバイザー』の”トラベラーズチョイス2013”においてフィリピンのホテルベスト10にランクイン。家族のように迎えるフィリピン流ホスピタリティが心地よいリゾートです。 続きを読む



新しいマニラとユニークな風景と出会えるボホール島、1度で二度美味しい4日間

[2013/07/02] 古関千恵子

ダイバーの間ではおなじみのフィリピン、ビサヤ諸島にあるボホール島。一般的な知名度は今ひとつなものの、この島には唯一無二なチョコレートヒルの奇観や愛らしいメガネザルのターシャなど、ほかでは体験できないものがたくさん! セブ島からフェリーで渡るルートがポピュラーですが、今、開発が目覚ましいマニラで遊びつつ空路で行く方法なら、街もビーチも楽しめて、旅の満足度もアップ! 今回はマニラで豪遊しつつ、ビーチでまったり&ユニーク体験を交えた、プランを提案します。 続きを読む



旅人を魅了するボホール、海も陸も楽しみに溢れる秘境の島

[2009/11/03] 田島みえ

ボホール島を代表する風景といえば、広い大地からポコポコ隆起する円錐形の丘「チョコレートヒル」。ボホール島の中央に約1000個ほど小さな丘が果てしなく続く風景は幻想的に映るでしょう。季節によって深緑だったり、4月〜6月はまさに茶色(チョコレート色)へと木の葉が色を変えるのもいい。大昔は海底だったといわれるこの大地、丘の周辺からは貝殻なども多く見つかっているそう。フィリピン各地に自然にまつわる伝説が沢山ありますが、ここには、“愛する女性が死に、悲しみに泣いた男性の涙が小丘になった”というロマンチック… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ボホール、海」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。