「ボランティア」に関連する現地ガイド記事

「ボランティア」に関連する現地ガイド記事

ボランティアに関する現地ガイド記事を集めました。ボランティアの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オールドタウン・チャイナタウンのオアシス、ランスー中国庭園

[2016/09/27] Rika Higashi

ランスー中国庭園では、毎日ボランティアによる無料ガイドツアーを開催しています。ツアー所要時間は45分程度で、庭園の見どころを網羅してくれます。日によって開催時間が異なるので、参加を希望するならあらかじめサイトで確認して出かけると良いかもしれません。もちろん自分のペースで歩いても大丈夫。フロントデスクで園内の植物ガイドなども貸し出しています。また、子供向けに、宝探しのような「ディスカバリー・ガイド」も準備されていますので、興味のある方は聞いてみてくださいね。 続きを読む



在住者の筆者がオススメする砂漠の中の聖地ラジャスタン州のプシュカルの歩き方

[2015/11/20] 溝内みな

プシュカルにあるフィオールディロトスクールは、イタリア人女性らにより2003年に設立された女子校で、授業料やその他はすべて無料で寄付金で運営されています。メインマーケットのバラガートにオフィスがあるので、見学やボランティアに興味があったら、問い合わせしてみてください。筆者もソシアルワークで運営にかかわっていまして、インドの女の子たちに折り紙や日本の歌を教えるなど日本人のボランティアは大歓迎です。女の子たちの可愛さとパワーに心温まる時間は、あなたの旅にきっと彩りをつけてくれることになるでしょう! 続きを読む



対外開放につとめる話題の寺院「龍泉寺」へ

[2015/07/13] 原口純子

龍泉寺では、「清明節」(毎年4月5日前後)、端午節(旧暦の5月5日で、今年は6月20日にあたる)、国慶節(10月1日前後から1週間の長期休暇になる)の祝日や、週末には、法話を行ったり、伝統行事を主催したりしています。そのような日にあたる場合は、訪れる人の様子や戸外で行われる行事を見学できます。龍泉寺には、若者のボランティアが多く英語のできる人も少なくなく、参観者が多い日には、目印の黄色いベストを着たボランティアが境内に案内に立ちます。観光客にもアクセスしやすい寺院、一歩奥まで参観できる寺院として… 続きを読む



スペースシャトル・エンデバーに遭遇だ

[2015/05/19] 大山真理

そして、いよいよ1階に下りてエンデバーに遭遇だ。同センターの広報担当者、ポーラさんは「実際にエンデバーの中に乗って見学できるのか」という質問をよく受けるが、答えは「できない」とのことだ。しかし、エンデバーの展示と一緒に、エンデバーの中に設置された「スペースハブ」や、エンデバーに使用されたエンジンが展示されているので、至近距離でチェックしよう。また、ターコイズ色のシャツを着たボランティア要員は元航空宇宙機関の従業員だから、質問すれば詳しく教えてくれるから、ぜひ質問してみて。 続きを読む



ミャンマー最大級の僧院を訪ねる

[2015/04/07] 田島みえ

普段はなかなか目にすることのできない僧侶の生活風景ですが、このマハーガンダーヨン僧院」は一般の人々に開放しており、見学することができます。僧侶たちは早朝に軽い食事をしたあとは、托鉢から戻った10時半の昼食をとります。その風景を見るために国内外から多くの人々がこの僧院へ集まってきます。厨房では大鍋で食事が作られます。お米は1日に約400k消費するそうですが、ここでの食材もすべて寄進されたもので、厨房で働く人もボランティアだそうです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ボランティア」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。