「ボンベイ」に関連する現地ガイド記事

「ボンベイ」に関連する現地ガイド記事

ボンベイに関する現地ガイド記事を集めました。ボンベイの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ムンバイのシンボル、インド門へ!

[2013/06/03] 鈴木千晶

ムンバイはインド西部にあるマハラーシュトラ州の州都であり、インド最大の都市でもあります。ムンバイはもともとはポルトガル、そしてその後はイギリスに統治されていた歴史があり、1995年まではボンベイと呼ばれていました。ムンバイの魅力は、イギリスの植民地時代の名残を強く残すコロニアル風の街並みと、大都市ならではのエネルギッシュさ。歴史的建造物などの見どころもたくさんあります。たくさんの見どころの中から今回はムンバイの象徴ともいえるインド門をご紹介します。 続きを読む



映画の舞台【ガンジー】――ガンジーの街ムンバイへ

[2009/06/30] 大塚ばつ丸

ガンジーが青年弁護士として活動していた19世紀末の南アフリカはイギリスの植民地で、有色人種への差別が激しく、1等車に乗っていたガンジーは白人の車掌に3等車に移るように言われ、これを断ると列車からホームに放り出されてしまう。こんなこともあって、南アフリカでインド系移民の差別に対する権利回復運動に立ち上がったガンジーは1915年、46歳の時に同じくイギリスの植民地だった祖国インドへ戻って来る。当時のインドの玄関口はボンベイ(今の呼び名はムンバイ)ガンジーは船で帰国し、ムンバイでインドの土を踏む。 続きを読む



これこそマサラ・ワ〜ルド! インド映画を見に行こう!

[2008/04/28] 鈴木千晶

インドは、年間1000本近く映画が製作される映画大国。北インドで圧倒的な人気を誇るのは、ムンバイ(旧ボンベイ)で作られるヒンディー語の映画で、ハリウッドをもじってボリウッドムービーなどと呼ばれています。映画は庶民の娯楽の王様となっており、ほとんどのインド人は映画が大好き! 毎週のように新しい映画が公開されています。せっかくのインド旅行、時間に余裕があるのなら、ぜひインド映画を見に行ってください! 続きを読む



今が旬! 種類豊富なジャマイカのマンゴーたち!

[2008/04/24] ナイト‘Iyah’彩子

Stringy(ストリンギー):一番よく食べられている。黄色とピンク色Blacky(ブラッキー):大きい卵くらいのサイズ。熟れても緑色#11(ナンバーイレブン):最初甘くて種の周りが酸っぱい!黄色East Indian(イーストインディアン):大きい実は15cmも!最も美味しいとされる種類Julie(ジューリー):繊維が無いので食べやすい。オレンジ色で甘味が強い。Bombay(ボンベイ):野球のボール型。赤道切りし、スプーンで食べよう!Sweetie(スウィーティー):ブーメラン型。旬が終わる頃… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ボンベイ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。