「ボーボリ庭園」に関連する現地ガイド記事

「ボーボリ庭園」に関連する現地ガイド記事

ボーボリ庭園に関する現地ガイド記事を集めました。ボーボリ庭園の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

驚くほど安い!月に一回のみ開催の「チョンピ蚤の市」は見逃せない!

[2014/07/23] 堂剛

歴史あるフィレンツェの町は見どころにあふれています。色鮮やかな大理石を使った花の大聖堂にはじまり、メディチ家の象徴とも言えるヴェッキオ宮殿とシニョーリア広場、きらびやかな宝石店が立ち並ぶヴェッキオ橋、白いファザードが美しいサンタ・クローチェ教会、優雅なピッティ宮殿とボーボリ庭園など、数え上げたらきりがありません。歴史を尋ねる旅も楽しいですが、フィレンツェではショッピングも魅力的なんです。今回はショッピングの中でも楽しくて安い「蚤の市」を紹介します。ワクワクしますよ! 続きを読む



フィレンツェでは観光客に嬉しい試みが次々に登場!

[2011/12/26] 木場しのぶ

次は『FIRENZE CARD(フィレンツェ・カード)』のご紹介。これは美術館の入場とバス&トラム乗車が組み合わさった、50ユーロで72時間利用できるユースフルなカード。たいしたことない? いえいえ。主な美術館や教会などに予約なしで列に並ばずに入場できる優れものなのです。ウフィッツィ美術館(14ユーロ)やアカデミア美術館(14ユーロ)、ピッティ宮殿(パラティーナ美術館:15ユーロ/ボーボリ庭園他:13ユーロ)、メディチ家礼拝堂(12ユーロ)など長い列ができますから、これは嬉しいですよ! この他、… 続きを読む



ミュージカルもオペラもコンチェルトも、屋外鑑賞は夏だけの特権!

[2010/04/25] 木場しのぶ

四月になってもなかなか冬から抜け出せないでいるフィレンツェですが、春を飛び越して“夏”を感じさせる情報が到着しました! “夏”というと、イコール“アウトドア”。フィレンツェに限らず、イタリアの夏の鉄則ですね。それは郊外に限らず街でも同じこと。カフェバーなどでは、外にはうじゃうじゃと客が集っているのに、冷房の効いた店内はガラーンという光景もしばしば(笑)。そんな“外”大好き☆イタリア人の夏の夜の楽しみのひとつが「屋外シアター」。フィレンツェで催される『オペラフェスティバル』は毎年大・大盛況!! イ… 続きを読む



フィレンツェの夏の夜はコレが最高!“オペラ・フェスティバル”

[2009/06/09] 木場しのぶ

“イタリアの夏の風物詩”といえば、野外ステージ。そしてフィレンツェの夏の風物詩といえば、なんといっても“オペラ・フェスティバル”! しかし、タイトルは“オペラ……”ですがその内容は豊富なんです。オペラをはじめとして、オーケストラ、ダンス、歌謡ショーなどなどのプログラムが、6月中旬から7月末までのひと月半の間に週1〜3日アトランダムに組まれています。その開催場所というのがこれまた素敵なところで、ピッティ宮の裏に広がるボーボリ庭園の一角で開かれるのです。ボーボリ庭園は、フィレンツェを、というよりイタ… 続きを読む



イタリア式古典庭園の最高傑作といわれる、美しく広大な「ボーボリ庭園」

[2009/05/14] 木場しのぶ

教会や美術館に広場や橋、というのが通常のフィレンツェ観光のメインですが、もうひとつ忘れてはならないスポットが『ボーボリ庭園(ジャルディーノ・ディ・ボーボリ)』。中世の建築物や芸術と、“庭園”というのは結びつきにくいかもしれませんが、この庭園こそルネサンスの都にふさわしい芸術性溢れる庭園なのです。それはアルノ川の南側、ヴェッキオ橋から100mほどのところにあるピッティ宮殿に付属する庭園です。ピッティ宮殿はメディチ家の住まいだったわけですから、そう聞くと「すばらしそうだ」と思えてくるでしょう!? 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ボーボリ庭園」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。