「ポンテ、ヴェッキオ、橋」に関連する現地ガイド記事

「ポンテ、ヴェッキオ、橋」に関連する現地ガイド記事

ポンテ、ヴェッキオ、橋に関する現地ガイド記事を集めました。ポンテ、ヴェッキオ、橋の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ロマンを掻き立てるフィレンツェ市庁舎! フレスコ画の下に隠れた天才画家の絵

[2010/01/14] 木場しのぶ

「パラッツォ・ヴェッキオ(Palazzo Vecchio)」とは、直訳すると“古い宮殿”。ちなみに、かの「ポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)」も“古い橋”の意ですが、日本では到底ありえないような固有名詞ですよね(微笑)――と、そんなことはさておいて、このパラッツォ・ヴェッキオは、13世紀初頭に建てられた文字通り歴史ある宮殿。フィレンツェ市政の中核を成す建物です。当時はフィレンツェ共和国の政庁舎であり、16世紀半ばの四半世紀の間はメディチ家・コジモ1世の住まいともなり、そして現在は市… 続きを読む



フィレンツェの街の大切なエレメント、アルノ川の幾つもの表情をスナップしよう!

[2009/03/06] 木場しのぶ

美しいルネサンスの街、フィレンツェに不可欠な、そしてとても重要な構成分子のひとつが“アルノ川”とそれに架かる幾つもの橋。フィレンツェ滞在中には是非、朝の澄んだ空気の中で、青々と晴れ渡った大空の下で、しんみりと日が沈む頃、そして夜のライトアップした時間帯に、その異なる表情をできれば何度か見て欲しいですね。“美しい川”とは清流あればこそ、と思っていた私に、いやそればかりじゃない、と教えてくれたのがこの川。正直な話、川の水は清流どころか濁流に近いというのに、ルネサンスの街の風情とぴったり溶け合って、建… 続きを読む



奇跡の橋「ポンテ・ヴェッキオ」の持つ幾つもの魅力

[2008/11/21] 木場しのぶ

「古い橋」、という名前そのままの意味を持つ、フィレンツェ最古の橋「ポンテ・ヴェッキオ」。橋の上にアパートが立ち、それがピンクや黄色に塗られている、あのとてもユニークな橋です。テレビや雑誌などでご覧になった方も多いでしょう。この橋は“1345年の建造”。――と、言うのは簡単なのですが、ちょっと考えてみてください!663年も前に作られたわけなのです。日本でいうと鎌倉幕府が滅亡し、足利が天下を取って間もなくの頃。そんな大昔の橋がそのまま存在し、今なお十分に役目を果たしているなんて、まるで奇跡だと思いま… 続きを読む



美しいアルノ川を眺めながら、ジェラートで癒しのひとときを!

[2008/11/17] 木場しのぶ

秋本番。冬はもうすぐそこに。そんな今、ジェラートのおいしい季節です!!「?」と頭を傾げるかたもいらっしゃるでしょうね。でも、サンサンと太陽の降り注ぐ夏にジェラートを食べようものなら、食べるスピードの倍の速さで解けていき、とろ〜っとした生ぬるいジェラートを食べるはめになります。もちろんこれは日陰でも同じこと。それに加えて、夏に食べるジェラートはよけい喉が渇いてたまりません。そういうわけで、ジェラートが一番美味しい季節は“今”、と信ずる私です。 続きを読む



ピッティ宮殿からヴェッキオ宮までのメディチ家の通勤路

[2008/11/06] 木場しのぶ

「ヴァザーリ」の名を聞くとき、おそらくほとんどの人が、彼の遺した絵画や伝記より、建築物の方を思い浮かべるでしょう。『ヴァザーリの回廊』、それは、1565年にジョルジョ・ヴァザーリによって作られた、約1kmに及ぶ通廊。フィレンツェの市庁舎である「ヴェッキオ宮」から、アルノ川の南側にある「ピッティ宮殿」までを結ぶ、まさに“神話の世界(空間)”です。その間にはルネサンスの名画がところ狭しと展示された「ウフィッツィ美術館」があり、橋の両側に貴金属店が軒を連ねる「ヴェッキオ橋」東側の2階部分を通ってアルノ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ポンテ、ヴェッキオ、橋」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。