「マイスター・トゥルンク」に関連する現地ガイド記事

「マイスター・トゥルンク」に関連する現地ガイド記事

マイスター・トゥルンクに関する現地ガイド記事を集めました。マイスター・トゥルンクの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

町を救った市長のワイン飲み「マイスター・トゥルンク」の大ジョッキがある博物館へ行こう

[2011/10/07] Kei Okishima

三十年戦争の最中、プロテスタントの町だったローテンブルクはカトリック皇帝軍に攻め入られる。敵将軍ティリーは差し出された地元のワインを飲みながら叫んだ。「誰か、この3リットル入りの大ジョッキでワインを一息に飲み干す者あらば、町を焼かずにおこう!」と。受けて立ったのは年老いたかつて市長。ゆっくりと飲み干し、町は救われた。マルクト広場の仕掛け時計にもなっている有名な「マイスター・トゥルンク(市長のワイン飲み)」の史話。祭りの時は市民劇も行われて観光客に知れ渡っている。本当に3リットルものワインを一気飲… 続きを読む



町全体が舞台に 毎年恒例のお祭り「キンダーツェッヒェ」

[2011/07/13] Kei Okishima

新教、旧教二つの宗教が対立した30年戦争。この宗教戦争にまつわる史話はローテンブルクに有名な「マイスター・トゥルンク(市長の酒飲み)」があり、毎年5月のプフィンクステン(聖霊降臨祭)と9月の帝国都市祭りに市民劇が行われている。同じようにディンケルスビュールでも毎年7月半ばの10日間、町を挙げての「キンダーツェッヒェ(子供へのもてなし)」祭りが開かれる。新教のローテンブルクでは旧教の皇帝軍が攻め入り、旧教のディンケルスビュールでは新教のスウェーデン軍が攻めて来る。最大の見物は期間中の土日に市民が演… 続きを読む



3リットルのワインを飲み干して町を救った市長。実話に基づく歴史劇「マイスター・トゥルンク」

[2009/03/31] Kei Okishima

「マイスター・トゥルンク」は市庁舎ホールで行われる。町を明け渡すかどうか、市参事会員たちが相談し合う様子を観客はまるでその時に居合わせたかのように見守る。市庁舎脇の通りヘレンガッセでは、皇帝軍扮する兵士が大きな大砲(空砲)を打ち鳴らす。市庁舎ではその音を聞いて「敵が攻めてきた!」と慌てふためく。空砲のタイミングは中の劇に合わせているので大変な臨場感だ。皇帝軍はマルクト広場に集まって気勢を上げる。ホールに怪我をした味方の兵士が転がり込んで「敵はもうそこまで来ています!」と告げる。そのうち皇帝軍がな… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 マイスター・トゥルンク」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。