「マナティ」に関連する現地ガイド記事

「マナティ」に関連する現地ガイド記事

マナティに関する現地ガイド記事を集めました。マナティの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

体験型の熱帯雨林動物園!ラナース・トロピカルズーで動物とふれあおう☆

[2017/01/28] MizukiPoulsen

一番大きなドームではサウスアメリカのアマゾンが再現されています。熱帯雨林にあるのは、湿った洞窟に古代のお寺のような建物、岩の間を滝が流れ、頭上には縄の吊り橋。ふと手すりに目をやれば小さな猿がこっちを見ていたり、高い木の上でナマケモノがゆっくり動いていたり。自然な演出にワクワクします。洞窟内では、アナコンダがいたかと思えば、すぐ近くでコウモリが飛び交っています。池の中ではマナティが優雅に泳いでいるのが見えますよ。ドーム内の高低差がとてもうまく作られていて、別のアングルから動物達や熱帯の様子が観察で… 続きを読む


リバーサファリがオープン!

[2013/06/06] 葛西玲子

構内は、ミシシッピ川、コンゴ川、ナイル川、ガンジス川、マレー川、メコン川、長江、そしてアマゾン川という世界の川の生態を体験するゾーンに分けられ、各地から集められた水生、陸生あわせて300種類、合計5000もの生き物たちを見て廻ることができます。各大陸で、文明が川沿いに発達してきたという歴史の片鱗を学習できる展示も興味深いです。巨大に水槽でゆっくりと動く人魚のようなマナティを眺めていると水界の神秘に引き込まれていくようです。 続きを読む



ブラジルの水中世界を覗ける、南米最大の水族館

[2012/07/01] 東リカ

続いては、「恐竜の谷」「化石ミュージーアム」、またインドネシアの巨大コウモリ、南極のペンギン、とテーマパークらしい時間や場所を横断する展示が並びます。そして最後は、アマゾンのジャングルに住むほ乳類のセクション。橋の上からアマゾンのマナティ「タパジョ(Tapajo)」を観察したり、オットセイ、モンクアザラシ、吠えサル、トゥカノ(オオハシ)、オナガカワウソ、ミナミコアリクイなど、水中はもちろんジャングルの水辺に住む動物達の姿を楽しむこともできます。 続きを読む



世界遺産のシアン・カーンは、地球に残された自然の楽園

[2009/07/15] しなのゆめみ

シアン・カーンとはマヤ語で「空の生まれるところ」と、まさに神が地球を作った時を想像させる美しい自然がそのまま残っている場所、65万Haの自然保護区である。透明な水、白い砂、青い空、海、ラグーン、沼、セノーテ、熱帯雨林、マングローブ、世界でも2番目に長い珊瑚礁群、多種の珍しい植物、330種もの水鳥、マナティや海亀、ワニ、イルカなどの動物、カラフルな多くの熱帯魚。まさに、地球に残された自然の楽園だろう。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 マナティ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。