「マリア・ルイサ公園」に関連する現地ガイド記事

「マリア・ルイサ公園」に関連する現地ガイド記事

マリア・ルイサ公園に関する現地ガイド記事を集めました。マリア・ルイサ公園の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

考古学ファンには堪らない★新ルネッサンス様式の美しい「セビリア考古学博物館」へ!

[2008/07/02] 田中富子

民俗博物館の前に、1929年のイベロアメリカ博覧会のために建設された、とても美しい新ルネッサンス様式の博物館がある。MUSEO ARQUEOLOGICO DE SEVILLA(セビリア考古学博物館)は、マリア・ルイサ公園内のPLAZA DE AMERICA(アメリカ広場)に位置し、その外観の美しさに“パラダイス”を思い浮かべる人も多いはずだ。特に、建物の前にある池から見る景色は、とてもロマンチックだ。当時は、美術パビリオンだった。 続きを読む



アンダルシア州の生活様式を知ろう!“セビリア民俗博物館”

[2008/06/26] 田中富子

マリア・ルイサ公園の中に、1929年のイベロ・アメリカ博覧会時に建設され、パビリオンとして利用された美しい建物がいくつかある。そのうちの1つで、当時、ムデハル・パビリオンだったその建物は、1972年よりMUSEO DE ARTES Y COSTUMBRES POPULARES DE SEVILLA(セビリア民俗博物館)となり、アンダルシア州を中心とする人々の生活に関する品々が展示してある。アンダルシア州の文化を知りたい方には、とても興味深い博物館である。 続きを読む



セビリアの素晴らしい景観を楽しもう!

[2008/05/19] 田中富子

世界遺産の周りには、サンタ・クルース街があり、迷路のような小道を楽しむことができる。綺麗な中庭や歴史的にも古い建物も多く、お勧めは日中である。また、サンタ・クルース街から旧市街を囲む外周に向かうと、そこにPLAZA DE ESPAN~A(スペイン広場)がある。ここと、その隣に位置するマリア・ルイサ公園も、是非日中訪れてほしい場所である。マリア・ルイサ公園内の考古学博物館辺りの美しさには、訪れるものを感動の嵐に巻き込むであろう。 続きを読む



森林浴と建築のマッチング――マリア・ルイサ公園

[2007/10/17] 田中富子

マリア・ルイサ公園。オルレアン公王女、マリア・ルイサが1893年、サン・テルモ宮殿の一部を市に贈与した際に造られた公園で、敷地面積は400平方キロメートロある。88種類もの灌木と樹木、そして、小鳥たちのさえずりが、疲れている私たちを別の世界に連れて行ってくれ、また日々のストレスから開放してくれる“癒し”の場所である。旅行中に疲れた頭をリセットする場所には、最適。セビジャーノス(セビリア人)たちは、ここで、散歩はもちろん、サイクリング、読書をしたりして過ごす。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 マリア・ルイサ公園」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。