「マリーナベイ・サンズ、建築」に関連する現地ガイド記事

「マリーナベイ・サンズ、建築」に関連する現地ガイド記事

マリーナベイ・サンズ、建築に関する現地ガイド記事を集めました。マリーナベイ・サンズ、建築の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

寒さから脱出!気軽さが嬉しい、トロピカルモダンな街・シンガポールに出かけよう!

[2011/12/23] 葛西玲子

最近日本でシンガポールへの注目度が高まっているそうです。 シンガポールについては「小さな都市国家で、世界遺産もないし、見どころもあまりなさそうだけど・・」という印象を持っている方が多いと思います。ところが、この2年の間に続々とオープンした新しいホテルやカジノなどの施設が話題をさらい、SMAPが登場するテレビコマーシャルの撮影が当地で行われたことが拍車をかけて、ホテル、ショッピング、レクリエーション各施設が充実している上に、常夏で治安もいい! と気軽に遊びに行かれるデスティネーションとしての人気が… 続きを読む



世界初!という触れ込みのアートサイエンスミュージアム、マリーナベイサンズにオープン

[2011/05/26] 葛西玲子

昨年7月オープンして、一躍シンガポールの一大観光スポットとなったカジノ付きリゾートマリーナベイサンズ。シンガポールにカジノなんて!と眉をひそめた人たちの声も、今やこのマリーナベイサンズともうひとつのカジノリゾート、セントーサ島のリゾートワールドそれぞれの大盛況ぶりにすっかりかき消された感があります。 連日のカジノの賑わい、屋上展望台・スカイパーク、セレブリティシェフによるレストラン、店舗がほとんど出揃ったショッピングゾーンも活気を呈しています。併設されているコンベンションセンターではひっきりなし… 続きを読む



注目のマリーナベイ、旧船着場にまたまたニューオープンの憧れホテル

[2010/10/04] 葛西玲子

6月のグランドオープン以降、にぎやかな話題の絶えないカジノ付きの総合リゾートマリーナベイサンズ。何かと注目がこのマリーナベイサンズ側の埋め立てエリアに集まっていましたが、マーライオンに繋がる湾岸沿いのボードウオークに繋がるクリフォードピアの先に、シックなニューホテル“フラトンベイホテル”がオープンしました。フラトンと聞いて、日本人に人気の高い“フラトンホテル”がすぐに思い浮かぶ方もいらっしゃると思いますが、そうです、フラトンベイは、フラトンホテルの新しいブティックホテルとして誕生したのです。 続きを読む



今やレジャー大国? カジノで儲けて、ショッピング・グルメ三昧。総合リゾートオープン!

[2010/06/11] 葛西玲子

シンガポールとカジノ。これまでのシンガポールのイメージだとちょっとピンとこないですよね? 数年前、政府が“我が国は、カジノを解禁することに決め、カジノリゾートを誘致します!”と発表したときは、賛成派、反対派入り乱れて国民的大論争となったものでした。そして2010年は、そんなシンガポールのエンターテイメントシーンが大きく変わる一年。過日一足先にオープンした、セントサ島のリゾートワールドに引き続き、マリーナ湾岸沿いにマリーナベイ・サンズが一部開業して、ローカルっ子の話題はもっぱら“カジノ行った?” … 続きを読む



いよいよオープン!カジノとユニバーサルスタジオがシンガポールにやってくる!

[2010/02/23] 葛西玲子

政府がカジノを解禁すると発表してから5年、新ダウンタウンとなるウオーターフロント開発地区・マリーナ・ベイと、本島から数分の観光スポット・セントーサ島にそれぞれ建設が計画され、国家的な関心を集めてきた巨大な開発、カジノ付き総合リゾート=IR(インテグレーテッドリゾート)はいよいよ完成間近です。本場ラスベガスのカジノ運営会社サンズによるマリーナベイ・サンズと、お隣マレーシアのカジノ運営開発会社ゲンティン・グループ出資によるセントーサ島のリゾートワールド、どちらが先にオープンするか、ずっと注目されてき… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 マリーナベイ・サンズ、建築」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。