「ミクロネシアの固有種」に関連する現地ガイド記事

「ミクロネシアの固有種」に関連する現地ガイド記事

ミクロネシアの固有種に関する現地ガイド記事を集めました。ミクロネシアの固有種の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ミクロネシアの海の花、バートレットアンティアスを一目見よう!

[2010/06/03] 秋野ヒロシ

バートレットは実はミクロネシアの固有種で、ここ以外では見られません。体半分が黄色とムラサキに色分けされた体色は派手で、まさにミクロネシアの魚!って感じがします。僕はパラオに来て、最初に覚えた魚がこのバートレットアンティアスだったということもあり、個人的に大好きな魚です。バートレットはオスを中心としたハーレムを作り、通常1尾のオスに対して4〜10尾程度のメスで群れを作っています。一緒に混泳するアカネハナゴイはもっと群れが大きいのですが、そのなかにポンッと入っているバートレットたちはとても目立ち、そ… 続きを読む



ミクロネシアの固有種、オレンジフィンアネモネを見よう!

[2008/02/15] 秋野ヒロシ

世界で一番魚の種類が多いと言われている東南アジアのすぐ横に位置するパラオは太平洋で一番魚の多い海だと評されています。その数およそ1400種。熱帯のこの海の水温は30度。生き物が住みやすい水温だというのもこの場所に魚が多い理由の一つなのでしょう。パラオではミクロネシア固有の魚を何種も見ることもができます。そのうちの一つがオレンジフィン アネモネフィッシュ。鮮やかなオレンジのヒレをもつ可愛らしいクマノミの仲間です。今回はこの舌が絡まってしまいそうに長い名前のオレンジフィン アネモネフィッシュを紹介し… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ミクロネシアの固有種」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。