「ミュンヘン、土産」に関連する現地ガイド記事

「ミュンヘン、土産」に関連する現地ガイド記事

ミュンヘン、土産に関する現地ガイド記事を集めました。ミュンヘン、土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

旬のアスパラを食べに行こう!お土産には珍しいアスパラ調理器具を

[2010/04/24] Kei Okishima

ドイツ人のアスパラガス好きは有名である。4月から6月頃までは町の市場や屋台にアスパラガスが並ぶ。ドイツの家庭ではこの時期、どこでも必ず真っ白なアスパラガスが食卓を飾る。日本人がタケノコを食べないと春が来ない、と言うようなものである。アスパラガスはドイツ語でシュパーゲルSpargelという。グリーンアスパラではなく、ホワイトアスパラが主流。値段はまちまちだが、大体1Kgで10ユーロほど。この時期に産地を歩くと、取れたてのアスパラガスが道端で安く売られている。 続きを読む



捨てないで!ウィーンで、世界で、お得に観光できるオーストリア航空の搭乗券

[2009/02/27] バレンタ愛

飛行機に乗る時に受け取るチケットの半券「搭乗券」。これ、どうしてますか? オーストリア航空利用でオーストリアに行く時は大事に取っておいて下さい! この搭乗券と写真付き身分証明書の提示で色んなサービスが無料になるんです。「ウィーン・ミュージアム」の入館料が無料!「楽友協会の内部ツアー」が無料!「Julius Meinl」のカフェでウィーナーメランジェが1杯無料!アイゼンシュタットの「エスターハージ城内ワイン博物館」入館料が無料!になります。 続きを読む



伝統の味が今に伝わる、バイエルン王朝御用達として活躍したダルマイヤー

[2009/01/26] Kei Okishima

ミュンヘンの中心部、新市庁舎裏手を歩いていると、長くて美しい黄色の建物が目に入る。ヨーロッパ随一の老舗として名高いダルマイヤーだ。300年経った今も地元の人々に愛されているのは、生産地と質の高い食材にこだわり、店の伝統を頑なに守り続けているからである。それでいてモダンな雰囲気が漂うところがここの魅力だ。ここで売られている品をひと目見れば、品質が極上であることがすぐ判る。さすがバイエルン王朝御用達として活躍したお店である。時代の流れに対応しながらも、伝統はしっかりと今に受け継がれている。 続きを読む



ワンランク上のお土産を買うならここ!!ミュンヘンOBACHT

[2008/11/10] 西谷ゆうか

バイエルン州(Bayern)最大級の都市ミュンヘン(Muenchen)は、ビールにソーセージというドイツのイメージぴったりの街。レストランの店員さんが民族衣装でおもてなししてくれたり、街の至る所にブルーと白のバイエルン旗が掲げてあったりと、ミュンヘンの人達はかつてはひとつの国だったバイエルンをこよなく愛しています。だから彼らは自分達のことを「ドイツ人」ではなく「バイエルン人」だと誇りを持って名乗っているんです。そんな頼もしきバイエルン人たちの都ミュンヘンでは、ここならではのお土産も発見できるかも… 続きを読む



年末のお楽しみ!巨大クリスマスツリーに圧巻、ドルトムントのクリスマス市

[2008/10/10] Kei Okishima

寒い冬なのに町は人でごった返す12月。町の中心に向かっていくとそこには小さな小屋が建ち並び、なにやら美味しそうな匂いが立ち込める。クリスマス市だ。ドイツでクリスマスは、日本のお正月のように大切で、家族で過ごす行事。家族全員がそれぞれにプレゼントを買うため、貰う量も買う量も相当なものだ。そろそろプレゼントを買わなくちゃ、と11月末になると人々はそわそわし始める。そんな頃に町にやってくるのがクリスマス市。ここでは家族に買うためのプレゼントは勿論、クリスマスツリーをデコレーションするためのものや、蝋燭… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ミュンヘン、土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。