「ミュージアム」に関連する現地ガイド記事

「ミュージアム」に関連する現地ガイド記事

ミュージアムに関する現地ガイド記事を集めました。ミュージアムの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界遺産地区のお洒落な博物館。バッグ・ミュージアム

[2017/02/09] ミツフィ

オランダ観光ではお馴染みの首都アムステルダム。環状運河地区は世界遺産として登録されており「アムステルダム観光=世界遺産の中を歩く」という独特の体験ができます。今回紹介するバッグ・ミュージアムも、世界遺産エリア内の壮麗なカナルハウスの中にあります。バッグ・ミュージアムの建物は17世紀の建造で、当時はアムステルダム市長の邸宅でした。現在はバッグとお財布の博物館として公開されています。バッグ・ミュージアムは、アンティーク・ディーラーを営んでいたヘンドリーケ・イヴォさんのコレクションを元に始まりました。… 続きを読む



アタカマ砂漠から出発するウユニ塩湖へのツアー

[2017/01/16] 鰐部マリエ

そしてついに3日目の朝にはウユニ塩湖へ!みんなで朝4時ぐらいに起きてイスラ・ペスカドと呼ばれるサボテンが無数に生える丘へ向かって進んでいきました。真っ白い大地から出てくる朝日はなかなかの感動ものでした。朝日を見た後はウユニ塩湖で自由時間。みんな遠近法を利用したトリックアートの写真で思い思いの写真を撮りながら遊びました。私が行った時は乾季だったのですが、雨季シーズンに行くウユニ塩湖はまた一層美しいと評判です。その後「列車の墓場」と呼ばれる今は使われていない錆びた列車がいくつか放置された場所を観光し… 続きを読む



アムステルダムの「フォンデルパーク」で現地っ子になろう!

[2016/11/24] テメル華代

アムステルダムに数ある公園のなかで最も人気が高いフォンデルパーク。繁華街のライツェ広場やミュージアム広場のすぐ傍にあり、年間およそ一千万人の来園者が訪れます。百種類以上の樹々が生い茂り、緑のトンネルやバラ園、池に浮かぶ小島など訪れる度に新しい風景に出会えます。小動物や昆虫の生息地も保護されていて、春先になると日本では珍しいエジプトガンやバンの子育ても眺められます。住みよい環境のせいか、野生化したオウムが樹洞に住み着いたり、都会で探すのが難しいはずのコウノトリまで営巣しています。 続きを読む



デザインの街バルセロナならでは!DISSENY HUB BARCELONA

[2016/10/12] 鈴木美佐子

デザインの街と言われるバルセロナ。工業デザインからモード 、グラフィックなどバルセロナにはデザイン・スクールも多く、デザイン事務所も市内に多くあります。またゴシック建築からモデルズム建築また現代有名な建築家による作品も点在し、街を散歩していても、美的感覚を刺激されるようなデザインに出会うことが多いのです。 続きを読む



オランダのユダヤ社会の歴史を知る。ユダヤ歴史博物館

[2016/07/20] ミツフィ

ユダヤ歴史博物館では常設展の他に、子供向けのミュージアム、エイミー・ワインハウス等ユダヤ系セレブやユダヤ系デザイナーなど、歴史だけではなく今を生きるユダヤ社会についての特設展も開催しています。また併設のカフェでは、オランダ式のユダヤスナックなどユニークなメニューも味わえ、歴史だけではなくフードカルチャーも体験できます。多くの著名人を輩出し世界中にネットワークを持つユダヤ社会。彼らの文化に興味を持つと、奥が深すぎてきりがないのですが、オランダでのユダヤ社会の歴史は知るに値する事項かもしれません。ま… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ミュージアム」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。