「ミロ美術館、バルセロナ」に関連する現地ガイド記事

「ミロ美術館、バルセロナ」に関連する現地ガイド記事

ミロ美術館、バルセロナに関する現地ガイド記事を集めました。ミロ美術館、バルセロナの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

闘牛場がショッピングセンターに!新しいバルセロナのランドマーク”ARENAS DE BARCELONA”

[2011/07/22] 鈴木美佐子

2011年春に新しいショッピングセンター”ARENAS DE BARCELONA”(アレーナス・デ・バルセロナ)オープンしました。イギリス人の建築家リチャード・ロジャース氏によるデザイン、古い闘牛場を利用した建物、経済危機の影響で工事が止まってしまったりとオープン前からなにかと話題のこの建物。オリジナルの建物は1900年に闘牛場として建築され、1977年まで実際に闘牛場として利用されていたのです。今回闘牛場の外壁のみを残し、新しいバルセロナのランドマークとして生まれ変わりました。 続きを読む



バルセロナをお得に観光!お勧めチケット

[2011/03/25] 鈴木美佐子

美術館巡りは旅の楽しみの一つ!バルセロナには美術館、博物館、そしてガウディーを代表とするモデルニズムの建物も多く、美術館巡りを観光の目的としている人も多いことでしょう。その入場料は安くはないないので、滞在中は意外と大きな出費となってしまいます。観光都市バルセロナには、入場券がディスカウントになるチケット・パスが販売されてます。そんなパスをうまく利用して、お得にバルセロナ滞在を楽しんではいかがでしょうか? 続きを読む



芸術の旅、バルセロナ。点在するミロの作品を訪ねる!

[2009/10/28] 鈴木美佐子

20世紀を代表するスペインの巨匠ジョアン・ミロ(JOAN MIRO、カスティーリャ語ではホアン・ミロ)。生き生きとした色彩で、その抽象的でありながら、独創的な世界を描く絵画は世界中でも高い評価を受け、日本でも多くの人の心をとらえていることでしょう。そんなミロがバルセロナ出身であることはご存知でしょうか?ミロは1983年にカタルーニア州バルセロナで生まれ育ち、バルセロナはミロの芸術活動の重要な場の一つとなったのです。 続きを読む



近代建築の傑作 バルセロナ・パビリオン (Barcelona Pavilion)

[2009/07/29] 鈴木美佐子

モンジュイックの丘は現在ではカタルーニア近代美術館、ミロ美術館など博物館や美術館が多く、自然も豊かで休日、天気の良い日には観光客や地元の人で賑わいます。平日にはトレードショーの会場ともなり多くの人が訪れるところです。古くは中世の要塞だったモンジュイックが現在のように発展した大きな出来事は、1929年に開催されたバルセロナ万国博覧会。まさにこのモンジュイックの丘が万博の会場となり、現在でもスペイン広場、噴水をはじめ当時の建物が数多く残っています。 続きを読む



真夏の夜のバルセロナ!美術館でも夏のイベントが充実

[2009/07/13] 鈴木美佐子

夏のバルセロナといったら、ビーチ、そして太陽を求めてヨーロッパ各国、世界中から多くの観光客が集まります。穏やかな地中海気候という天気にも恵まれ、日も長く、日が暮れるのは21時頃。目一杯、観光に海水浴にと楽しめることでしょう! バルセロナの町が夜、賑やかなのはもちろん言うまでもありませんが、今回お勧めしたいのは、美術館が企画する夏ならではのイベント。バルセロナの真夏の夜を美術館で過ごしてみては如何でしょう? 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ミロ美術館、バルセロナ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。