「ミー」に関連する現地ガイド記事

「ミー」に関連する現地ガイド記事

ミーに関する現地ガイド記事を集めました。ミーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

1905年のベニスビーチを再現したレストラン

[2017/02/23] 大山真理

イタリアのベニスにある有名なセント・マークス・スクエアにちなんで1905年に建てられた「Bank of Venice(バンク・オブ・ベニス)」。この建物と名称をそのまま使ったレストランが、「Bank of Venice(バンク・オブ・ベニス)」。昔からあるアメリカ料理をモダンに仕上げて、メキシコとの融合料理が味わえる。窓が全開になっているから、ベニスビーチの太陽や波の音がそのまま満喫できて、とても開放的。しかも、大衆酒場のスタイルだから、だれでも気軽に立ち寄れる。 続きを読む



マジェスティックな空間を満喫 滞在そのものがアクティビティな豪華ホテル

[2017/01/23] 岩佐 史絵

せっかくマジェスティックウィングに宿泊したなら、ラウンジにはちょいちょい足を運ぶことでしょう。時間ごとに朝食や軽食、カクテルなどのサービスがあるのですが、なにしろその内容がとても充実しているのです。特にアフタヌーンティーが驚くほど本格的で、スコーンに点心、プティフールと、マレーシアスタイルのラインナップ。ビュッフェではなくスタッフが運んできてくれます。何度でも注文をとりにきてくれ、たとえば「スコーンだけ」「ミートパイをもうひとつ」なんていうオーダーにもにっこりと応えてくれるので、うっかりお腹がい… 続きを読む



ベトナムメコンデルタ地方の大都市「カントー」のハイライト

[2017/01/01] 古川 悠紀

カントーの市街地からタクシーで20分〜30分程度走ったところにある「ミーカン・ツーリスト・ビレッジ」は、広大な敷地内に随所に設けられた自然と一体になるアトラクションが人気のテーマパーク。日本でもお馴染みの猿回しやドッグレース、ベトナムの定番となっているワニ釣り体験など。また、メコンデルタの特産であり、ベトナムの名物でもあるライスペーパーを作っている現場を見学することもでき、蒸したてのもっちりとしたライスペーパーを食べることもできます。また、敷地内には宿泊用のコテージがあるので、もし気に入ったのな… 続きを読む



クリーミーな泡の水出しの窒素コーヒー

[2016/12/23] 大山真理

今、アメリカで話題になっているニトロ・コールドブリュー(水出しの窒素コーヒー)。使うのは、16時間から24時間かけて抽出した水出しコーヒー。これをケグレーター(生ビールを注ぐようなサーバー)で圧力をかけて、窒素で香りづけしたもの。この話題のコーヒーが飲めるのが「Groundwork Coffee(グランドワーク・コーヒー)」。特徴は、表面にきめの細かいクリーミーな泡ができて、まるで泡だてたクリームのような感覚が味わえること。酸味がないので、コーヒーが苦手な人でもごくごく飲める。 続きを読む



昼は海を、夜は生演奏を。ムイネーでおすすめのカフェレストラン「ジョーズカフェ」

[2016/11/30] 古川 悠紀

ジョーズカフェではクレープやココナッツ、自家製ケーキ、フレッシュジュースといったスイーツも充実していますので、カフェとしての利用も可。ランチならバインミー(サンドウィッチ)やサラダ、ハンバーガーなどがおすすめで、ディナーではオージービーフ・ステーキやメキシカンタコスなどはいかがでしょうか。また、アルコール系はビール、ワイン、ウォッカとあり、いずれも6万〜8万ドン程度とリーズナブルな値段で楽しむことができます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ミー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。