「ムール貝」に関連する現地ガイド記事

「ムール貝」に関連する現地ガイド記事

ムール貝に関する現地ガイド記事を集めました。ムール貝の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

現地で食べたいオランダの伝統料理!アムステルダムのおすすめレストラン

[2017/02/13] テメル華代

ヒュッツポット(Hutspot)は茹でたジャガイモ、ニンジン、玉ねぎをマッシュにし、肉の煮込みやソーセージ、ピクルスを添えたもの。スタムポット(Stamppot)のマッシュには、カーリーケールやザワークラウトなどの野菜が入ります。秋の旬素材、北海で獲れるムール貝(Mosselen)の白ワイン蒸しや焼ムール貝も定番メニュー。南部スタイルのサーロインステーキや濃厚なシチュー、ハーシェ(Hachee) も人気です。デザートにミルク系スイーツが豊富なのは酪農王国オランダならでは。ビターアーモンドエッセン… 続きを読む



ウィーンでパリ気分をたっぷり楽しめるカフェ「Cafe Francais」新店舗もOpen!

[2017/02/12] バレンタ愛

朝ごはんはエスプレッソとクロワッサンのシンプルなフレンチ朝食から、ハムや卵、野菜スティックにオリエンタルと国際的なメニューを揃え、やはりフレンチ風にワインやシャンパンが付いたものまで豊富に用意されてます。日替わりのランチメニューはとってもお得。夜22時45分までオーダー可能なアラカルトメニューはフォアグラ、キッシュ、エスカルゴにムール貝などなどフレンチならではのメニューもあり。ワインの種類も多く、もちろんシャンパンも。夜遅くまで開いているので、窓からライトアップされたヴォティブ教会を眺めながらフ… 続きを読む



肉料理に飽きたらここ。オープンしたて魚料理レストラン「Cantinetta delle Terme」

[2017/01/06] 堂剛

一番驚いたのがランチの値段。通常メニューに加え、日替わりメニューが用意されています。パスタやリゾットは7ユーロ、メイン料理は8ユーロ、水とコーヒーを含めたフルコースで14ユーロと、一般的なフィレンツェのレストランより3〜4割ほど安いです。レストランのオーナー・ジュセッペさん曰く、競争が激しいから美味しい料理を安く提供できるよう頑張っている、とのことでした。今回食べた「マテ貝とムール貝のスパゲッティ」は旨味がパスタに染み込んでいてとても美味しく、グラスワインを足しても12ユーロで収まります。 続きを読む



ノスタルジックな香り漂うタベルナ「アンティグア・タベルナ・ケイローロ」

[2016/07/23] 原田慶子

料理も美味しいと評判のケイローロで一番人気なのが、ペルー定番のサンドウィッチ「ブティファラ」だ。伝統のレシピで作った手作りハム、ハモン・デル・パイスの塩味と、サルサ・クリオージャ(紫タマネギのレモン和え)の酸味は、きりりとした味わいのピスコ・サワーによくあう。またセビーチェ(魚介のレモンマリネ)やエスカベチェ・デ・ペスカード(ペルー風魚の南蛮漬け)、チョリートス・ア・ラ・チャラカ(玉ねぎがたっぷりかかったムール貝のマリネ)はどれも新鮮で、街のセビーチェリア(セビーチェ専門店)顔負けの美味しさ。お… 続きを読む



甘い香りに包まれた中世の街ブリュッセル

[2016/01/28] りんみゆき

グランプラスの近くにあるレストラン街、イロ・サクレ地区には観光客向けにムール貝とポテトのセットメニューが多くのレストランで提供されています。ムール貝はワインかビール蒸しが定番。グランプラスにもレストランが数軒ありますが、そちらは割高。子どもたちが大好きなフライドポテトはフリットゥとよばれ、マヨネーズをつけて食べます。小腹が減った時のスナックにも最適で、フリットゥ専門のファーストフードも街中にあります。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ムール貝」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。