「ムール貝」に関連する現地ガイド記事

「ムール貝」に関連する現地ガイド記事

ムール貝に関する現地ガイド記事を集めました。ムール貝の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ヘルシンキを一望する眺めのいいレストラン(Sandro)

[2017/11/08] 靴家さちこ

ヘルシーで新鮮な旬の食材を、可能な限り地元で確保し、料理に使っているSandroでは、リチャード創作の魅惑のメニューに、季節によって素材にアレンジが加えられて提供されます。 メニューはこちら(公式サイト)にも提示してあるとおり、http://www.sandro.fi/sites/default/files/pdf/kortteli.pdfスターターには牡蠣やムール貝、メインには羊やアヒルを大胆に調理したふフュージョン料理や、ラム肉に山羊のチーズなどを使ったちょっと変わったバーガーやといった、モ… 続きを読む



カジュアルでおしゃれ! 港の端の隠れ家的レストラン

[2017/09/05] 宮谷千英

フランスのビストロのような雰囲気と言えば分かりやすいだろうか?美味しいお酒と食事を中心に、気の置けない友人同士やカップルで楽しめる大人のレストランである。エンセナーダ近郊のグアダルーペのワインや地ビールを片手に、メキシコのエッセンスが効いたシーフードに舌づつみ。新鮮なムール貝は、メキシコ料理には欠かせないトマテ・ベルデや緑の唐辛子と一緒に蒸し上げていく。静かな場所にあるミュレ・トレスは、最高にハッピーな午後を過ごせる、エンセナーダでも特にお勧めのレストランの1つだ。 続きを読む



夏休みは清涼なブルターニュ、ロスコフに行ってみよう

[2017/09/03] 竹内真里

さらにロスコフから15分ほどナベット(小ぶりの舟)に揺られると、人口約500人、面積320ヘクタールのIle de batz島に到着します。周囲は4キロほどの小さな島です。夏の休日には1日に4千人ほどの観光客が訪れ海水浴やレンタサイクルなどを楽しみますが、大混雑はしないので、のんびりゆったり自然を感じたい人におすすめです。ブルターニュの食事と言えば新鮮な魚介類、ガレット(そば粉クレープ)がよく知られ、特に牡蠣やムール貝、カニ、オマール海老が有名です。飲み物はシードル、地ビール、ブルターニュのコー… 続きを読む



現地で食べたいオランダの伝統料理!アムステルダムのおすすめレストラン

[2017/02/13] テメル華代

ヒュッツポット(Hutspot)は茹でたジャガイモ、ニンジン、玉ねぎをマッシュにし、肉の煮込みやソーセージ、ピクルスを添えたもの。スタムポット(Stamppot)のマッシュには、カーリーケールやザワークラウトなどの野菜が入ります。秋の旬素材、北海で獲れるムール貝(Mosselen)の白ワイン蒸しや焼ムール貝も定番メニュー。南部スタイルのサーロインステーキや濃厚なシチュー、ハーシェ(Hachee) も人気です。デザートにミルク系スイーツが豊富なのは酪農王国オランダならでは。ビターアーモンドエッセン… 続きを読む



ウィーンでパリ気分をたっぷり楽しめるカフェ「Cafe Francais」新店舗もOpen!

[2017/02/12] バレンタ愛

朝ごはんはエスプレッソとクロワッサンのシンプルなフレンチ朝食から、ハムや卵、野菜スティックにオリエンタルと国際的なメニューを揃え、やはりフレンチ風にワインやシャンパンが付いたものまで豊富に用意されてます。日替わりのランチメニューはとってもお得。夜22時45分までオーダー可能なアラカルトメニューはフォアグラ、キッシュ、エスカルゴにムール貝などなどフレンチならではのメニューもあり。ワインの種類も多く、もちろんシャンパンも。夜遅くまで開いているので、窓からライトアップされたヴォティブ教会を眺めながらフ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ムール貝」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。