「ムール貝、オランダ」に関連する現地ガイド記事

「ムール貝、オランダ」に関連する現地ガイド記事

ムール貝、オランダに関する現地ガイド記事を集めました。ムール貝、オランダの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

現地で食べたいオランダの伝統料理!アムステルダムのおすすめレストラン

[2017/02/13] テメル華代

オランダ食文化の特徴は、大きく三つの地域に分類されます。畜産業が盛んで、ドライソーセージや燻製ソーセージ、ジビエが豊富な北東部、北海の恵を享受し、ムール貝、牡蠣、ヨーロッパウナギやエビといった魚介類が広く食される西部、高級料理が発展し、伝統的なオランダ料理の基礎が形成された南部です。プロテスタント文化圏の食文化は質素といわれますが、NGOオックスファムの「健康な食事」ランキングでは、最も栄養価が高く、豊かで健康的な食事を取っている国として、オランダが一位を獲得しています。アムステルダムでぜひ味わ… 続きを読む



シモニスで新鮮なシーフードをお手ごろ価格で満喫!

[2015/10/20] ミツフィ

ハーグにあるスフェベニンヘンはオランダでも有数のビーチリゾートです。ビーチも有名ですが、少し足を伸ばせばスフェベニンヘン漁港へと辿り着きます。漁港の周囲には魚市場、水産会社やシーフードレストランが軒を連ねています。そしてやはり漁港だけに、水産会社の直営ショップでは新鮮なシーフードを買うことが出来、レストランを併設する所もあります。中でもシモニス(Simonis)は人気のシーフードレストランです。 続きを読む



オランダ名物の揃うブランチも楽しめる。ホテル フィアネン

[2015/03/17] ミツフィ

ユトレヒトは中世の面影残る美しい古都であると同時に、国際見本市会場もあるビジネスシティでもあります。ファンダーファルク ホテル フィアーネは、ユトレヒト観光とビジネスの双方に活用できるホテルといえるでしょう。入り口までのユニークな天井画がまず目を引きます。ホテルのロビーはシンプルでもモダンなインテリア。ゴ-ジャスでも装飾過多ではないスタイリッシュな空間が、旅行者やビジネスマンを出迎えてくれます。 続きを読む



壮麗な空間に100種近くのビール!ビアカフェ・オリヴィエ

[2014/05/15] ミツフィ

中世のユトレヒトは司教区であったため、旧市街には沢山の教会が建造されました。現在は教会として稼動しているものもあれば、博物館や店舗などに改装されている教会もあります。ユトレヒトの旧市街にあるオリヴィエ。現在はビアカフェ、及びレストランであるオリヴィエも、元は17世紀に建造された教会でした。カフェ内部には教会時代のパイプオルガンや聖母像などがインテリアとしてそのまま生かされ、壮麗な装飾だけでも一見の価値があります。またところどころにあしらわれたノスタルジックなアンティーク家具も、私たちの心を和ませ… 続きを読む



旧運河沿い、市民の憩いのカフェ、King Arthur(キング・アーサー)

[2008/12/02] ミツフィ

ユトレヒトの旧運河沿いは絵葉書の風景写真にも度々とりあげられる有名なスポット。昔ながらの街並み、そして昔ながらの建築は様々なショップに活用され現在に至ります。歩きつかれたら洒落たカフェでブレイクを。そんなお店が軒並み並んでて、選ぶのに迷ってしまうくらい。King Arthur(キング・アーサー)も、そんなお店の中の一つで、学生から市民まで幅広く親しまれている地元のカフェです。待ち合わせに、ショッピングの帰りに一息。活用する形は人それぞれ。また2階にはバー・コーナー、及びビリヤードやダーツもあり、… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ムール貝、オランダ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。