「ムール貝、旬」に関連する現地ガイド記事

「ムール貝、旬」に関連する現地ガイド記事

ムール貝、旬に関する現地ガイド記事を集めました。ムール貝、旬の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ヘルシンキを一望する眺めのいいレストラン(Sandro)

[2017/11/08] 靴家さちこ

フィンランドに来たからには、本場のフィンランド料理をたっぷり味わってみたいもの。とはいえ、マイルドで蛋白なフィンランド料理が続くと、一食ぐらい何か違うものに浮気してみたくなりますよね。そこでさらに襲いかかってくるのが「和食なんて帰ったらいくらでも食べられるのに」「中華なら日本の方が美味しい気がする」という心の葛藤。それならいっそのこと北アフリカと中東のフュージョン料理などいかがでしょう?「そんなエスニックなレストランに入ったら、フィンランドにいる気がしないじゃない!」という方も、どうぞご安心を。… 続きを読む



夏休みは清涼なブルターニュ、ロスコフに行ってみよう

[2017/09/03] 竹内真里

フランス人が毎年楽しみにしている夏の長期休暇。学校によるものの、だいたい6月半ばから7月初旬に終業し、9月から新年度が始まるのですが、5月にもなると「夏休みはどこに行くの? 何する予定?」と会話に出てきます。バカンスの計画を練るのは得意中の得意で決断・行動も早いです。子どもが低学年のうちは登校日が残っていても早めに切り上げ、さっさとバカンスに突入してしまう家庭もあります。特に8月のパリはぐっと人が減り、ガランとして静かです。行き先は国内外さまざまですが、パリジャンは地中海の青い海と灼熱の太陽を求… 続きを読む



現地で食べたいオランダの伝統料理!アムステルダムのおすすめレストラン

[2017/02/13] テメル華代

オランダ食文化の特徴は、大きく三つの地域に分類されます。畜産業が盛んで、ドライソーセージや燻製ソーセージ、ジビエが豊富な北東部、北海の恵を享受し、ムール貝、牡蠣、ヨーロッパウナギやエビといった魚介類が広く食される西部、高級料理が発展し、伝統的なオランダ料理の基礎が形成された南部です。プロテスタント文化圏の食文化は質素といわれますが、NGOオックスファムの「健康な食事」ランキングでは、最も栄養価が高く、豊かで健康的な食事を取っている国として、オランダが一位を獲得しています。アムステルダムでぜひ味わ… 続きを読む



ミシュランシェフのフレンチビストロ

[2015/10/16] 大山真理

ロサンゼルス中心街のアート地区にあるフレンチビストロ「Church & State(チャーチ&ステート)」。1925年に建設されたビルを使用したカジュアルレストランで、フランスの伝統的なビストロ料理を、旬の食材や、草を餌に放牧で育ったビーフやラム肉など品質の高い食材を使って提供する。ピューリッツァー賞を受賞する料理記者、ジョナサン・ゴールドが、ロサンゼルスで19番目のベストレストランにセレクトしたことでも有名だ。 続きを読む



250年以上の歴史を誇る大人も子供も楽しめるハプスブルグ家ゆかりの自然史博物館

[2011/09/29] バレンタ愛

ウィーンの自然史美術館はマリア・テレジアの夫であったフランツ1世のコレクションに始まります。さかのぼる事250年以上。その後、時は経ち、フランツ・ヨゼフ公が今の形に整え、地元の人や世界中から集まる観光客に愛されている博物館です。何が展示されているかといえば、地球の歴史やしくみ、鉱石、海や陸の動物達、鳥や昆虫、動物達まで。その素晴らしいコレクションは大人も子供も予想以上に楽しめます。2011年10月には改装を終えた迫力ある恐竜ホールが再オープン予定です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ムール貝、旬」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。