「メキシコシティ、ピラミッド」に関連する現地ガイド記事

「メキシコシティ、ピラミッド」に関連する現地ガイド記事

メキシコシティ、ピラミッドに関する現地ガイド記事を集めました。メキシコシティ、ピラミッドの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

メキシコシティから日帰りで二つのマトラツィンカ族の重要な都の跡を訪ねよう!

[2010/05/17] しなのゆめみ

遺跡に興味があれば、世界遺産になっているような遺跡だけでなく、メキシコシティからも日帰りでいくつかの興味深い遺跡に行こう!メキシコ州の州都トルカの近郊にある2つの遺跡、テオテナンゴ遺跡とカリストゥラワカ遺跡へ一日で行って見てはいかが?まだまだここも未発掘の地が広がっていて、丘の上に築かれた広大な都であった事が想像できる。この二つの遺跡はマトラツィンカ族の都の跡であるが、15世紀にアステカ王国に制服されてしまった。観光客の多い遺跡は、今はピラミッドに登る事が禁止されつつあるが、まだまだこの2つの遺… 続きを読む



世界遺産の遺跡、エル・タヒンは独特の幾何学模様や壁がんの美しいピラミッドが数多く並ぶ都

[2010/03/05] しなのゆめみ

エル・タヒンのピラミッドは、独特の幾何学模様で飾られ、また壁がんを持っている。特に最も重要な壁がんのピラミッドと名付けられたピラミッドは、その壁がんが太陽暦の日の数と同じ365個である事で知られている。この壁がんは何かの目的を持って作られたものなのか?単にピラミッドの飾りであったのか?それぞれの壁がんを一年のそれぞれの日と結びつけ宗教的意味を持っていたのかも知れない?エル・タヒンの建造物のほとんどは赤で塗られていたが、一部はそれに青や黄色、黒が所々塗られていた事がわかっている。その赤いピラミッド… 続きを読む



アステカ王国の大神殿跡とその発掘物の展示された大神殿博物館はアステカ文明を知る鍵

[2010/01/27] しなのゆめみ

メキシコシティのソカロ広場は、正にスペインのコルテスに征服されてしまったアステカ王国の都があった場所、その大地の下には破壊されたアステカの都が眠っている。1978年、地下工事中に、アステカ3大発見、3大彫刻の遺物と言われるコヨルシャウキ、月の女神の彫刻が発見された。そして、アステカの一番重要な大神殿跡が450年以上の歳月を経て、破壊されてはいるが、その一部の姿を現代の人々の前に現した。そこは、スペイン人がやってくるまで、このメキシコで最大の帝国として君臨していたアステカ人の宗教観、世界観を知る事… 続きを読む



世界遺産とカーニバルの両方を楽しめる町に、是非この時期に行こう!

[2010/01/21] しなのゆめみ

メキシコシティから一日で行ける世界遺産「ポポカテペトル山麓にある16世紀初頭の14の修道院跡」のある田舎町モレロス州のテポソトゥラン(Tepoztlan)や、プエブラ州のウエホツィンゴ(Huejotzingo)のカーニバルは、他の地区のカーニバルと一味違う独特の衣装で踊る祭りで、それは、昔の先住民の伝統や歴史の意味が込められたものである。田舎の村のカーニバルも世界遺産の修道院跡も見れて両得で楽しんでこよう。 続きを読む



メキシコの秋と言えば、野生のコスモスの草原だ!

[2009/09/15] しなのゆめみ

大都会メキシコシティから、1時間も走っていくと9月末くらいから10月にかけて、メキシコの秋を満喫できる風景に出会える。お勧めはなんと言ってもメキシコ原産の野生のコスモスの草原。車で走る道路の両側が果てしなく続くコスモスのピンク。もちろん栽培されたコスモス畑は、日本でもみる事ができるだろうが、野生のコスモスの草原は、壮大で一見の価値あり。それと、この時期は、メキシコシティから西、東、北、南と車で走って行くとそれぞれ、コスモスでなくともメキシコの秋を堪能できる野生の野の花々に出会える。それは黄色のひ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 メキシコシティ、ピラミッド」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。