「メキシコ、城」に関連する現地ガイド記事

「メキシコ、城」に関連する現地ガイド記事

メキシコ、城に関する現地ガイド記事を集めました。メキシコ、城の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

地下鉄では初めての世界遺産であるブダペスト地下鉄1号線

[2018/01/16] Hiromi

ハンガリーの世界遺産は8か所あるが、その一つがブダペストで正式名称は「ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト」である。ドナウ河岸とブダ城地区は1987年にホッローケー村と共にハンガリーで初めて世界遺産に登録された。その後ハンガリー政府はペスト地区のアンドラーシ通りと、その地下を走る、建国千年を記念して建設された地下鉄1号線も世界遺産へと拡大登録を申請した。2002年にこれが認められ「アンドラーシ通りと1千年記念地下鉄Andrassy Avenue and the Millen… 続きを読む



ここを訪れるとハンガリーのルーツや歴史を知ることができる

[2016/11/25] Hiromi

単なる観光旅行でも、その国の大まかな歴史を知っているのといないのとでは大違い。旅の楽しさはこのちょっとした知識に掛かっている。ブダペストの市内観光はまずハンガリーの歴史がコンパクトに判る英雄広場から始めよう。ブダペストの中心、デアーク・フェレンツ広場から北東に真っすぐ伸びる大通りアンドラーシ・ウート。全長2.3キロなので端から端までゆっくり歩いても1時間ほどの散歩コースだ。この通りの地下には地下鉄1号線が走っているので地下鉄に乗ると直ぐに着く。地上に出ると、目の前に英雄広場Hosok tereが… 続きを読む



建っている場所がシュール、カスティージョ・デ・サンタ・カタリーナ

[2011/08/04] 田中富子

カディスの旧市街地がある半島の最端に位置するCASTILLO DE SANTA CATALINA(カスティージョ・デ・サンタ・カタリーナ/サンタ・カタリーナ城)は、カディスのLA CALETA(ラ・カレタ)という名前の海岸の上に多角型に形成され、さらにその一部が海へと突き出ている形で存在する。この城は、英西戦争中の1596年英蘭遠征軍がカディス港襲撃に成功し町が破壊された後に、スペイン王フェリペ2世の命令によって1597年10月25日防御要塞の名目にて建設された。 続きを読む



メキシコシティから日帰りで二つのマトラツィンカ族の重要な都の跡を訪ねよう!

[2010/05/17] しなのゆめみ

遺跡に興味があれば、世界遺産になっているような遺跡だけでなく、メキシコシティからも日帰りでいくつかの興味深い遺跡に行こう!メキシコ州の州都トルカの近郊にある2つの遺跡、テオテナンゴ遺跡とカリストゥラワカ遺跡へ一日で行って見てはいかが?まだまだここも未発掘の地が広がっていて、丘の上に築かれた広大な都であった事が想像できる。この二つの遺跡はマトラツィンカ族の都の跡であるが、15世紀にアステカ王国に制服されてしまった。観光客の多い遺跡は、今はピラミッドに登る事が禁止されつつあるが、まだまだこの2つの遺… 続きを読む



チャプルテペックのお城の歴史博物館でメキシコの歴史を知ろう!

[2009/02/16] しなのゆめみ

バッタの丘という意味のチャプルテペック、そこは、アステカ王国時代には王様の保養地であった。その場所に植民地時代16世紀副王の館として建てられたお城がチャプルテペック城。メキシコ独立後の1847年のアメリカの侵略戦争、米墨戦争の最後の砦となり、6人の英雄少年が身を投げ国旗を守ったところである。また、その後のフランス侵略戦争により、1864年から3年間のフランスの統治時代マキシミリアム皇帝のお城となったり、独裁政治家ポリフィリオ・ディアス大統領の官邸となるなど、メキシコの歴史をそのまま物語っているお… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 メキシコ、城」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。