「メキシコ、植物」に関連する現地ガイド記事

「メキシコ、植物」に関連する現地ガイド記事

メキシコ、植物に関する現地ガイド記事を集めました。メキシコ、植物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ペルーは南米のフルーツパラダイス!その2

[2015/11/22] 原田慶子

「フルーツパラダイス・ペルー」。今回はアマゾンの人々に愛される森のフルーツを紹介しよう。まずは自然界で最も多くのビタミンCを含むといわれている「CAMUCAMU(カムカム)」から。赤紫色の丸い果実で、ビタミンC含有量はレモンのおよそ60倍。酸味が強いためジュースに加工されることが多く、その果汁は日本にも輸出されている。オオミテングヤシの果実「AGUAJE(アグアヘ)」も、ペルーを代表する熱帯フルーツだ。生の果肉は酸味とえぐみが強いが、茹でてジュースやアイスクリームに加工すると、何とも言えぬ独自の… 続きを読む



「ラ・ブファドラ」潮吹き岩への観光は、景色も見どころ

[2014/09/28] 宮谷千英

La Bufadora(ラ・ブファドラ)は、メキシコのバハカリフォルニア州のプンタ・バンダ半島の先に位置する世界で第2の規模を誇る北アメリカで唯一の自然の海洋間欠泉、つまり大きな潮を吹き上げる岩穴だ。V字になった岩の壁に波がぶつかり、30メートル以上の飛沫が上がる。飛沫が上がるだけではなく、その時に出る音たるや怒涛のようである。この現象は、数分おきに繰り返されるけれど、波が何周期かごとに特別大きなものが来る様に、一定の時間をおいて特に大きな潮吹きが見られる。観覧台の一番高いところが24メートルだ… 続きを読む



ウィチョール族の伝統工芸品、過程を知ると文化が見える

[2014/02/10] 宮谷千英

ウィチョール(Huichol)族はスペインが侵略してくる以前からいる部族で、メキシコ・シティの北、第二の都市グアダラハラのあるハリスコ州(Jalisco)とナヤリ州(Nayarit)にまたがる、シェラ・マドレ・オクシデンタル(Sierra Madre Occidental)に住んでいる。人口は、8千人から1万人。スペイン征服以前からの伝統を色濃く残している珍しい部族で、ウィチョール族の純血を守る事を誇りに思っている。刺繍の入った独特の民族衣装を、男の人でも普通に着ているらしい。また、一夫多妻が認… 続きを読む



セレクトされたお土産なら、ちょっとオシャレで可愛い一点ものアート

[2013/07/10] 宮谷千英

彼のお店は、エンセナーダの港の近くにある観光名所「リビエラ」の中にある。お店と言っても常にあるのではなく、出店のようなブースだ。リビエラの中庭にあるスペースにはお土産屋さんがずらり、いろいろな雑貨が集まっている。いつもそこにあるのだと思っていたら、クルーズシップが寄港する時だけらしく、時間も限られている。5月から夏の間は水曜と土曜、秋頃からは火曜の10時から3時、金曜の夕方4時から6時、土曜は10時くらいから4時。又、特別なクルーズシップが寄港するときもオープンするそうだ。 続きを読む



ダブリン市民に身近な峡谷と遺跡:グレンダーロッホ

[2013/06/23] 池内優嗣

グレンダーロッホは「2つの湖のある峡谷」という意味のゲール語で、ダブリンからは車で1時間ほど南に行った所にあるウィックロウの国立公園にある美しい峡谷です。日帰りで行けるため地元のアイリッシュギターはもちろん、観光客にも人気のスポットです。氷河に削られてできた峡谷と2つの湖はとても美しく、それを見て回ることができるウォーキングコースが難易度別に複数用意されています。また、6世紀に作られた修道院の遺跡群も大きな見どころです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 メキシコ、植物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。