「メキシコ、死者の日」に関連する現地ガイド記事

「メキシコ、死者の日」に関連する現地ガイド記事

メキシコ、死者の日に関する現地ガイド記事を集めました。メキシコ、死者の日の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界無形文化遺産「死者の日」からメキシコが見える!メキシコの伝統文化が見えてくる!

[2009/10/14] しなのゆめみ

死者の日(11月1日2日)が近づくと、メキシコ中に骸骨が溢れる。いたる所に死者の日の飾りつけや祭壇が現れ、そこには必ず骸骨が飾られ、パン屋には骸骨パンが売られ、お菓子屋、市場でも骸骨菓子が目玉商品になり、メキシコシティのレフォルマ大通りも死者の日の花マリーゴルドの黄色い花に植え替えられ、市場やスーパーでも死者の日のためのお菓子のお料理用に大かぼちゃが山積み。町中が死者の日一色。あらゆるところに現われる骸骨は、もちろん死のシンボルであるが、メキシコ人は、骸骨を嫌わない。死を忌み嫌うのではなく、身近… 続きを読む



タラスコ王国のあった地、パツクアロ湖周辺で異文化に触れよう!

[2009/01/15] しなのゆめみ

スペイン人がメキシコの地にやって来た16世紀初め、最大の王国として栄えていたアステカ王国。その最強のアステカにも、最後まで屈する事なく自治を守ったタラスコ王国が、このパツクアロ湖を中心にした水や緑の豊かな地にあった。そのタラスコ王国を偲ぶ事ができるわずかな遺跡の一つはツィンツンツァン村のツィンツンツァン遺跡。メキシコの古代文明の中で、他の文明とまた違った面も多いのがタラスコ文明である。ひっそりとした遺跡であるが、興味のある人は是非訪れて欲しい。この地ではピラミッド神殿の事を「ヤカタ(Yacata… 続きを読む



メキシコのクリスマスは楽しみがいっぱい!街歩きも面白い

[2008/10/27] しなのゆめみ

カトリックを含めて、メキシコのほとんどの人がキリスト教。そのメキシコ人にとってクリスマスは、もっとも楽しく祝うお祭り日。もう、11月初めの死者の日も過ぎ、メキシコ原産のポインセチアが赤く色づき始めると、クリスマス色。12月になったら、全てがクリスマスの祭り気分、商売人や教会だけでなく、全ての場所、全ての家庭でクリスマスの飾りが取り付けられる。その意気込みがすごい!  町のソカロやメインストリートだけでなく、家庭でも屋根から玄関から家の中まで、イルミネーションやらクリスマスツリーやらキリスト誕生人… 続きを読む



お盆もまるでフェスティバル!メキシコ「死者の日」 (11月1日、2日)

[2007/09/11] 小目奈々緒

「死者の日」は、日本で言うところの“お盆”にあたるもの。11月1日は『子供の死者』の日で、2日は『大人の死者』の日。本来は祭壇が設けられ、飾り付けがされ……という具合らしいんですが、そんな風習を守り続けている人が多いのは地方都市。都会では、そういう昔ながらの風習を行う人が少なくなってきています。メキシコも日本も同じですね。しかし、都会には都会ならではの楽しみ方があるのも事実。ここではどういう催しが行われるかを今回はご紹介します。 続きを読む



ユニークな民芸品、奇抜な小物……メキシコは「お土産天国」

[2007/09/07] 小目奈々緒

陶器にガラス製品・織物・銀製品・奇抜なアートの置物など、とにかくショッピングには事欠かないのがメキシコです。首都メキシコシティでは大抵のものが手に入るので、時間の無い人はここでまとめて買うのが賢い方法。でも、時間のある人にお勧めなのは、各地方に足を運んで、その土地の民芸品を見てまわる旅。自分のテイストにあった物が必ず見つかるはず!見て回るだけでも時間が足りない程のお土産の宝庫だから、一気に全てを紹介するのはちょっと無理。なので今回は、お友達に配るのにも最適な、お手頃価格の品物だけをご紹介しますね… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 メキシコ、死者の日」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。