「メキシコ、祭り」に関連する現地ガイド記事

「メキシコ、祭り」に関連する現地ガイド記事

メキシコ、祭りに関する現地ガイド記事を集めました。メキシコ、祭りの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

訪れる価値あり!見所満載のリビエラでメキシコ文化に触れてみよう

[2014/10/16] 宮谷千英

クルーズシップが着く港の前の通り沿いに、ひときわ目立つ白い建物がある。広い敷地と庭と時計台のある象徴的な建物、それはリビエラと呼ばれる。会議やイベント、アートショーの開催地になっていて、大きな敷地の庭は、イベントがあるたびにテントが張られ、ビールのお祭りやワインテイスティングなど食やアートの催しがしばしば行われている。何も知らずに通りかかったら、白い大きな建物は他のホテル等と少し雰囲気も違い、一体ここが何なのか想像しにくいかもしれないが、実はエンセナーダに来る観光客が立ち寄る観光名所の一つなのだ… 続きを読む



ウィチョール族の伝統工芸品、過程を知ると文化が見える

[2014/02/10] 宮谷千英

ウィチョール(Huichol)族はスペインが侵略してくる以前からいる部族で、メキシコ・シティの北、第二の都市グアダラハラのあるハリスコ州(Jalisco)とナヤリ州(Nayarit)にまたがる、シェラ・マドレ・オクシデンタル(Sierra Madre Occidental)に住んでいる。人口は、8千人から1万人。スペイン征服以前からの伝統を色濃く残している珍しい部族で、ウィチョール族の純血を守る事を誇りに思っている。刺繍の入った独特の民族衣装を、男の人でも普通に着ているらしい。また、一夫多妻が認… 続きを読む



世界遺産の遺跡、エル・タヒンは独特の幾何学模様や壁がんの美しいピラミッドが数多く並ぶ都

[2010/03/05] しなのゆめみ

エル・タヒンのピラミッドは、独特の幾何学模様で飾られ、また壁がんを持っている。特に最も重要な壁がんのピラミッドと名付けられたピラミッドは、その壁がんが太陽暦の日の数と同じ365個である事で知られている。この壁がんは何かの目的を持って作られたものなのか?単にピラミッドの飾りであったのか?それぞれの壁がんを一年のそれぞれの日と結びつけ宗教的意味を持っていたのかも知れない?エル・タヒンの建造物のほとんどは赤で塗られていたが、一部はそれに青や黄色、黒が所々塗られていた事がわかっている。その赤いピラミッド… 続きを読む



メキシコ第二の聖母オコトゥラン聖母はウルトラバロックの祭壇に祭られている

[2010/02/04] しなのゆめみ

メキシコの奇跡の聖母はグアダルーペだけではない。メキシコで一番小さな州トラスカラ州の州都小さな盆地の町トラスカラ市の中心地から坂道を歩いても20分ほどの丘の上にあるオコトゥラン教会の聖母である。その奇跡とは1541年、(グアダルーペ聖母の奇跡は1531年である)ファン ディエゴが病人のために水を運んで丘を歩いていると、聖母が現われて、ついておいでと言われ彼女について行くと、今まで何度もそこを通っても決してなかった泉がそこに湧いていた。聖母は「この水を汲んでいきなさい。病人はそれで治るでしょう」と… 続きを読む



世界遺産とカーニバルの両方を楽しめる町に、是非この時期に行こう!

[2010/01/21] しなのゆめみ

メキシコシティから一日で行ける世界遺産「ポポカテペトル山麓にある16世紀初頭の14の修道院跡」のある田舎町モレロス州のテポソトゥラン(Tepoztlan)や、プエブラ州のウエホツィンゴ(Huejotzingo)のカーニバルは、他の地区のカーニバルと一味違う独特の衣装で踊る祭りで、それは、昔の先住民の伝統や歴史の意味が込められたものである。田舎の村のカーニバルも世界遺産の修道院跡も見れて両得で楽しんでこよう。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 メキシコ、祭り」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。