「メス、美術館」に関連する現地ガイド記事

「メス、美術館」に関連する現地ガイド記事

メス、美術館に関する現地ガイド記事を集めました。メス、美術館の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アロス オーフス美術館で前衛的な現代アートを体感!

[2015/11/27] MizukiPoulsen

オーフスは、コペンハーゲンから電車で約4時間、ユトランド半島の中程にあるデンマーク第2の都市です。その中心に2004年に開館したアロス オーフス美術館は、デンマークで珍しい前衛的な現代アートの美術館。難しいことは考えず大人から子供まで、アートとは何かを感じることができるオススメスポットです。シュミット・ハマー・ラッセンによる美しい建築もアートの一部。10階建、展示総面積6,775平方メートルの建物は北ヨーロッパでも最大規模です。 続きを読む



建築、映画好きも必見!フラメンゴ公園内リオ近代美術館

[2012/03/09] 東リカ

リオ・デ・ジャネイロ近代美術館(Museu de Arte Moderna Rio de Janeiro: MAM)は、フラメンゴ海岸に沿って広がるフラメンゴ公園(別名エドゥアルド・ゴメス公園)内に位置します。ブラジルを代表する建築家の1人、アフォンソ・レイディがデザインしたユニークな建物は、映画「リオの若大将」(東宝1968年、主演:加山雄三)のラストシーンにも登場。若大将と恋人は、この美術館の前で再会を果たします。近代アート好きはもちろん、近代建築や映画好きも必見のスポットです。 続きを読む



メス市にも別館ができたポンピドゥーセンター

[2010/06/02] 夏樹

ポンピドゥーセンターといえば、ニューヨーク近代美術館と並んで現代美術の殿堂として世界中に知られています。美術館だけではなく、総合文化施設として考案され、誰でも入れる図書館、映画館(今は北野武の全映画作品が上映されています)、現代音楽コンサートホールが集っています。この5月半ばには、フランスの北東部、ロレーヌ県メス市にも別館がオープンしました。建築家はジャン・ド・ガスティネと日本の坂茂。また、中国上海にも別館が開館される計画が進んでいます。 続きを読む



皇后エリザベスが晩年住んだウィーンの森の中の静かなヴィラの中の美術館へ

[2010/02/12] バレンタ愛

ウィーン13区にハプスブルグ家が狩猟地としていた広大な土地があります。今ではそこはラインツ動物公園となっていて、週末はたくさんの家族連れや運動をする人達が集まります。鹿の群れや湖のように大きな池、たくさんの木々を見ながら進んでいくと、ステキな館が見えてきます。この館はオーストリアを治めたハプスブルグ家の当主、フランツ・ヨゼフ帝がお后であるエリザベス皇后の為に1882年〜86年にかけて建てたものです。今でもシシィの愛称でたくさんの人々に親しまれている皇后はこの館で晩年を過ごしました。 続きを読む



地元の子供達に大人気!動物好き、子供連れは、是非行きたいチャプルテペック動物園

[2009/11/04] しなのゆめみ

広大な色んな施設のあるチャプルテペック公園、そこには、人類学博物館、歴史博物館、美術館などがあり、大概の観光客が足を運ぶ。博物館、美術館などを見た後、動物好きや子供連れには、絶対お勧めなのがチャプルテペックの動物園。入場料はタダ。週末は、地元の子供達、家族連れでいっぱい。広い敷地で動物は檻に入っていないので、出来るだけ自然の環境の中で!と。自由に動き回る動物達を見るのは、いくら見ていても飽きない。あなたも動物に癒されに行ってみませんか?チャプルテペック公園は森林公園であるが、動物園内も色んな植物… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 メス、美術館」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。