「モダン、ステンドグラス」に関連する現地ガイド記事

「モダン、ステンドグラス」に関連する現地ガイド記事

モダン、ステンドグラスに関する現地ガイド記事を集めました。モダン、ステンドグラスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

小さな町のギャラリー廻り

[2015/10/30] 宮谷千英

エンセナーダの中心地は、徒歩で歩くのにぴったりのサイズである。ほとんどの道が網の目のようになっており、地図を片手に一人であちこち行っても決して迷子にはならない。港の前の巨大国旗がどこからでも目印になるからだ。目抜き通りのショッピングや名物タコスを食べるのと同じくアートに興味がある!というアート好きの方には、マップ片手にギャラリー廻りはいかがだろう。観光局には、市内に8つ、グアダルーペのワインカントリーに4つ、合計12のギャラリーの案内が載っているパンフレットがある。あとは市内地図を貰ったら準備O… 続きを読む



ペドロ・デ・オスマ博物館

[2013/02/18] 原田慶子

コロニアル時代の瀟洒な洋館が立ち並ぶリマ市バランコ区。避暑地として、そしてアートの街としてリマの人々に愛されてきた美しい地区だ。その中心、アルマス広場から南に伸びる涼やかな並木道を数百m進むと、左手に真っ白な洋館が見えてくる。それが「Museo Pedro de Osma/ペドロ・デ・オスマ博物館」だ。1906年にボザール様式(ヨーロッパ古典様式)で建てられた個人宅を開放し、ペドロ・デ・オスマ氏(1901〜1967年)の個人コレクションを一般公開している。ペルー副王時代の16〜18世紀にかけて生… 続きを読む



ウィリアム・モリスのファンなら見逃せない!赤いレンガ造りの家レッド・ハウス

[2012/07/20] ディキンソン恵子

社会主義の先駆者でもあり、19世紀のアーツ・アンド・クラフツ運動で活躍したモダン・デザインの父、ウィリアム・モリス。そのモリスの自宅兼オフィス&アトリエとして、仲間たちと建築設計・デザインして建てたのが、レッド・ハウスです。モリスのファンなら一度は訪ねてみたいレッド・ハウスの周辺は、ロンドン郊外の普通の住宅地。ちょっと拍子抜けしてしまうかもしれませんが、レッド・ハウスの敷地に入ったら、その魅力に圧倒されることは間違いありません! 続きを読む



アムステルダム最古の教会、Oude Kerk(旧教会)

[2010/12/10] ミツフィ

アムステルダムの駅から中華街で有名なゼー・ダイク(Zeedijk)付近に出ると、アンティークな教会建築が視界に入ってきます。アムステルダムの中心街に建つこの教会はアウデ・ケルク(Oude Kerk)といい、ユトレヒトの司教によって1306年に奉献されました。「Oude Kerk」は直訳すると「古い教会」。その名の通りアムステルダムで最古の教会で、日本では「旧教会」と訳されていますね。 続きを読む



NYの新名所、ナイトクラブだった元教会がショッピングモールに!

[2010/07/30] ゆずれもん

今年5月、マンハッタンのチェルシー地区に新しいショッピングモール「ライムライト(Limelight Market Place)」がオープンしました。ここは1844年設立の古い教会を再利用したユニークな商業施設で、なんと83年から2001年まではナイトクラブだったそうです。当時のニューヨークを知る私の友人たち曰く、そこはニューヨークの一大人気スポットだったとか。現在はショッピングモールにと新たに変身し、ニューヨーカーの話題を呼んでいます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モダン、ステンドグラス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。