「モデル」に関連する現地ガイド記事

「モデル」に関連する現地ガイド記事

モデルに関する現地ガイド記事を集めました。モデルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

眠れる森の美女に会えるかも? ユッセ城に行ってみよう

[2018/04/21] 竹内真里

数多くの城や宮殿があることで知られるフランス中部のCentre Val de Loire地域圏で、なんかどこかで見たことあるな〜と、皆さんもきっと思うであろうお城を見つけました。その名はユッセ城。「La belle au bois dormant」(眠れる森の美女)のモデルとなりました。ディズニーアニメ映画で知っている人も多いのではないでしょうか。元はフランスの作家、シャルルペローがこのユッセ城を舞台に童話を書いたとのことです。受付で入場料を支払うと、城の入り口まで緩やかな登り坂を歩きます。ベル… 続きを読む



必見!トゥルン・ウント・タクシス城

[2018/03/01] 吉村 美佳

ヨーロッパのそれぞれの国が、郵便のマークとして、ホルンを使っています。国によってデザインは異なるものの、トゥルン・ウント・タクシスの使った、つまり馬が駅に到着することを知らせるときに使ったホルンがモデルなのだそうです。そう思うと、この郵便局のマークにちょっと親しみがわき、嬉しくなってくるのは、私だけでしょうか?皆さんも、ヨーロッパにお出かけの際は、意識して郵便ポストのマークをご覧ください。 続きを読む



ジェーン・オースティンの世界、プリム川を見下ろすソルトラムへ行ってみよう!

[2018/01/05] ディキンソン恵子

イギリスの小説家ジェーン・オースティン原作「分別と多感」を映画化した、1995年製作のエマ・トンプソン主演の「いつか晴れた日に」のロケ地でもあり、ノーランド・パークとして登場しています。そしてソルトラムには、実際にジェーン・オースティンとの繋がりがあり、伯爵夫人との書簡の記録が残っているだけでなく、伯爵が「高慢と偏見」のフィッツウィリアム・ダーシーのモデルではないか、との見解も発表されているほど。ジェーン・オースティンのファンに特にオススメです。 続きを読む



オルフェウスの窓を探す旅

[2017/11/24] 吉村 美佳

「オルフェウスの窓」というのは、池田理代子さんの描かれた長編漫画で、1980年日本漫画家協会優秀賞を受賞したもの。その第一部の舞台がレーゲンスブルクです。舞台となる音楽学校に、400年も前から「オルフェウスの窓」と呼ばれる、崩れてしまいそうな古びた窓があり、その窓から、地上を見下ろし、一番最初に目に入った女性と宿命的な恋に落ちるが、致命的な悲劇に終わる、という伝説がある窓なのです。モデルとなるトゥルン・ウント・タクシス城は、もともと修道院であったのですが、独占事業を国に奪われた代償としてこの一家… 続きを読む



迫力の竜の門!ガウディ初期の代表作 グエル別邸(Pabellones Guell)

[2017/11/21] 鈴木美佐子

ガウディのサグラダファミリアを見るためにバルセロナを訪れる人は多いと思いますが、バルセロナの魅力はサグラダ・ファミリアだけではありません。町には19世紀末モデルニズム建築数々と点在し、同時期に活躍した建築家の数々の作品なども楽しめます。そしてなによりアントニ・ガウディの作品群としてユネスコ遺産にも登録されているように、バルセロナには多くのガウディの作品もあり、歴史に残る偉大な建築家といえる一人の建築家の作品の軌跡をたどることが出来るのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モデル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。