「モンゴル語、春」に関連する現地ガイド記事

「モンゴル語、春」に関連する現地ガイド記事

モンゴル語、春に関する現地ガイド記事を集めました。モンゴル語、春の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

お土産も買出しもここひとつでOK!メルクーリ食料市場

[2009/02/02] 山本ちかだるま

安心して口にできる食事。日本でも食の安全が重要視されるようになってきましたが、モンゴルの都会暮らしでは、ほんとに安全と信頼できる食材を入手するのは大変です。製造者や販売者の責任追及もうやむやで、巷では出所があやしげな食料品があふれかえっています。毎日使うものだから、10円、20円の差なら、信頼できるお店で買いたい。ウランバートル中の食料市場や食料品店を歩き回った結果、私が地方を旅するときの買出しや、お土産ショッピングでオススメするのが、旧国立サーカスの西にある「メルクーリ食料市場」です。 続きを読む



モンゴルサクラの季節がやってくる!お花見乗馬ツアーに出掛けよう!

[2009/01/13] 山本ちかだるま

首都ウランバートルから南に約150kmほどのところに、砂漠と草原の境界となる地域があります。トゥブ県バヤンウンジュールソムです。車で未舗装道路を行くこと約3時間半。なだらかな丘を越えると、どこまでも続く大平原が広がります。そこに点在するゲル。大きな太陽光電パネルと風車によって生活に必要な電力のほとんどをまかなっている「アルブルドツーリストキャンプ」です。遊牧民らしく、ツーリストキャンプはその年の草地や気候によって、少しずつ移動しています。毎年5月20日頃になると地元遊牧民からの花だよりが届きます… 続きを読む



モンゴル乳製品の王様・オーラグを味わうなら今が旬

[2008/06/12] 山本ちかだるま

6月。モンゴルもそろそろ初夏の到来です。モンゴル語に、「変化が激しくて手に負えない」という意味で「女心と春の空」という諺がありますが、30℃近いカンカン照りの翌日が猛吹雪になることも当たり前の今日この頃。でも、春から初夏にかけては家畜の出産のシーズン。家畜の出産は遊牧民にとって、財産と食糧の恵みがもたらされること。一滴のミルクも無駄にしないように、モンゴルの遊牧民は200種類余りもの乳製品を作るといわれています。今回はモンゴル人が「究極の乳製品」と誇る「オーラグ」をご紹介しましょう。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モンゴル語、春」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。