「モンゴル、ウランバートル、博物館、営業時間」に関連する現地ガイド記事

「モンゴル、ウランバートル、博物館、営業時間」に関連する現地ガイド記事

モンゴル、ウランバートル、博物館、営業時間に関する現地ガイド記事を集めました。モンゴル、ウランバートル、博物館、営業時間の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モンゴリアンブルーの空の下 はしゃぐ子供とリフレッシュ

[2009/07/28] 山本ちかだるま

モンゴルの夏は日が長く、そしてあっという間に駆け抜けていきます。1年のうち半分近くが氷点下の凍てつく寒さを耐え抜く暮らしとなるウランバートルっ子にとって、夏はうんと遊んで、たっぷり日光を吸収しはしゃぐためにあります。ウランバートル市内の広場にところ狭しと設置される、期間限定の移動式遊園地に響く子供の声は、夏のうだった暑さやてりつける日光のわずらわしさを浮き飛ばし、大人の私も元気にしてくれるのです。 続きを読む



モンゴルの大自然が大集結!国立自然史博物館

[2009/05/07] 山本ちかだるま

モンゴル国を旅する魅力のひとつが「大自然」。日本の約4倍という広大な国土を構成する大平原、ゴビ砂漠、高山帯、森林には手つかずの自然が残っています。大きなものから小さなものまで、自然に関わるあらゆるものが、ウランバートル市の中心にある「国立自然史博物館」に集結しています。一国の博物館というには、こぢんまりとした三階建ての建物ですが、それでも真剣に見ると半日はかかります。さっと一回りするだけでもモンゴルの自然は大体わかります。1時間ほどの暇ができるたびに訪れる私のお気に入りの博物館のひとつです。 続きを読む



モンゴル音楽入門、手作り楽器工房で「馬の合う」楽器と出会おう!

[2008/10/23] 山本ちかだるま

モンゴルの民族楽器といえば、馬頭琴。別名「草原のチェロ」。日本では小学校2年生の国語の教科書で「スーホの白い馬」という馬頭琴の由来についてのモンゴル民話が採用されているので、名前だけはなんとなく覚えていらっしゃる方も多いことでしょう。東西文化を最初に結びつけたモンゴル帝国では、ユーラシア大陸の様々な楽器がモンゴルの民族音楽に取り入れられてきました。今回はそうした、モンゴル伝統音楽を奏でる民族楽器が一度に楽しめる楽器専門店「エグシグレン」をご紹介します。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モンゴル、ウランバートル、博物館、営業時間」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。