「モンゴル、ダルハン」に関連する現地ガイド記事

「モンゴル、ダルハン」に関連する現地ガイド記事

モンゴル、ダルハンに関する現地ガイド記事を集めました。モンゴル、ダルハンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

モンゴル第二の都市、「鉄の街」ダルハン復興!熱い街の新モニュメント完成

[2008/10/29] 山本ちかだるま

モンゴル国には3つの大きな都市があります。首都・ウランバートル、鉄鋼のダルハン、そして、銅のエルデネットです。この3つの都市で、モンゴル国人口の約70%を占めています。1990年代に社会主義経済が崩壊したため、大規模工場が次々に操業停止、破綻し、一時期は犯罪者のるつぼとまで言われたダルハン市ですが、21世紀になって、モンゴル国政府の開発マスタープランの一環で、中小規模の工場誘致政策により「インダストリアルパーク」プロジェクトがスタートし、ふたたび、鉄の街として、息を吹き返しています。 続きを読む



大草原の荘厳なる至宝「アマルバヤスガラント寺院」

[2008/10/07] 山本ちかだるま

モンゴル第2、第3の都市、鉄の街「ダルハン」と銅の街「エルデネット」の中間あたり、セレンゲアイマグ・バローンブレンソムの自然景観が美しいブレンハン山の麓に抱かれるように「アマルバヤスガラント寺院」が静かに建っています。舗装道路に掲げられた大きな看板とは裏腹に、未舗装道路に入ってからは、目印らしい目印もなく、ただひたすら40km余りの轍を移動する行程は、まるで単なる観光名所になることを拒否するかのよう。橋のない川を何本も渡り、山の間を縫いながら峠を越えると、赤銅色の瓦屋根がポツンと見えてきます。 続きを読む



心ほっこり「サクラベーカリー」。モンゴル情報と極上スイーツを召し上がれ

[2008/07/01] 山本ちかだるま

モンゴル国が市場経済化と民主化に踏み切った90年代以降、日本との関係は年々親密になっています。義務教育機関や大学、専門学校で日本語を教える学校も多く、上手に日本語を話すモンゴル人も増加中。今日、モンゴル国に在住している日本人は400人弱。10年前に比べると10倍以上! 二国間の交流がさかんになり、在留邦人が増えたおかげで、日本食を食べられる食事処も続々とオープンしています。外国旅行中に気になるのが、食事と生活情報。今回ご紹介する「サクラベーカリー」はその両方でご満足いただけること間違いなしです。 続きを読む



ダルハン&スフバートル、アクセスが便利な北国の街を訪ねよう!

[2008/02/18] かばおやじーにょ

今回は安らぎを求める旅人を誘う北国の街を紹介致しましょう。まず始めはダルハン市。1月の平均気温−23.8度とモンゴル一寒い都市。でも、タイガの森に囲まれ、豊かなハラー川が流れ、野いちごなどの果実も豊富な地域。首都UB市に次ぐモンゴル第二の都市なれど人口は8万人程。周り全てセレンゲ県に囲まれる小さな県で、様々な産業育む国際工業都市。遺跡や壁画を数多く有する歴史地域で、小顔でスタイル抜群の美しいモデルを数多く産出した魅惑の地域。多彩な顔持つダルハン市はUB市より北へ250kmに位置しています。 続きを読む



羊の国モンゴルのムートンがお薦めです

[2007/11/05] かばおやじーにょ

モンゴルから一足早い優れもの冬季衣料品のご案内です。2004年の統計数字によりますと、ここモンゴル国の全家畜数は約2800万頭、そのうち約1200万頭が羊となっています。こんなにもたくさん飼育されている現状を鑑みると皮加工産業が発達するのは極めて当然のこと。中でも、羊皮から作られるムートンコートは寒い日がやって来るのが待ち遠しくなっちゃうくらい幸せな温もりを運んでくれる衣料品の一つ。今回は予てよりロシア娘を唸らせてきたお洒落なモンゴル製ムートン衣料品をご紹介いたします。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モンゴル、ダルハン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。