「モンゴル、春」に関連する現地ガイド記事

「モンゴル、春」に関連する現地ガイド記事

モンゴル、春に関する現地ガイド記事を集めました。モンゴル、春の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

温かい住民に守られている世界遺産 ホッローケー村

[2011/03/17] ケイ

山間の小さな谷に広がる赤い屋根の集落。一見するとヨーロッパのどこにでもあるような村である。ここはブダペストから車で北東へおよそ90キロのホッローケー村。途中の丘から眺めるホッローケーは長閑でおだやかな様子を見せていた。1987年、この村が世界遺産に登録された。古い民家が建ち並ぶ集落で、独特の建築様式が世界遺産の対象となった。ブダペストの歴史地区と並んでハンガリーで初めての世界遺産に登録されたのである。近代化から取り残されて埋もれていた村が、一躍有名になり、観光客は世界中からやってくるようになった… 続きを読む



夏とともに去りぬ 鳥よさらば、また会う日まで

[2009/09/22] 山本ちかだるま

モンゴル高原で夏を過ごす渡り鳥は、400種を超えます。日本では当たり前に見かける鳥が、「え、渡り鳥だったの?」ということもあり、空を見上げるとき、いろいろな発見があるのです。カモメやカラスも渡りをするってご存知でしたか?北極から南極までを移動する「キョクアジサシ」という鳥や、ヒマラヤ山脈を越えて渡ってくるアネハヅルといった珍しいツルの仲間もモンゴルの短い夏にめがけて集まってくるのです。アネハヅルは毎年5月ごろにやってきます。 続きを読む



美味しいベトナムフードが激安!プラハのベトナム市場

[2009/07/01] 有賀みかる

プラハに住んでいると、チェコ在住の外国人として、日本ではあまり出会わなかったウクライナ人とかモンゴル人とかに遭遇します。なんとなく似たような顔のアジア人には親近感が増したりするものですが、チェコで一番多く住んでいるアジア系の人は社会主義時代の関係もあってベトナム人。2009年4月のチェコ統計局の公表ではその数約6万人で、日本人(約1600人)、中国人(約5000人)、モンゴル人(約7000人)と比べてもダントツ。そんなわけで彼らを中心に展開しているベトナム市場がチェコにはあちこちにあり、チェコに… 続きを読む



人も大地も健康にする不思議な果実、チャツラガナのナチュラルパワー!

[2009/03/17] 山本ちかだるま

モンゴルでもようやく春めいてきました。長く厳しい冬を乗り越え、さすがのモンゴル人も疲労がたまり、風邪を引いたり、体調を崩しやすくなります。そんなモンゴル人の健康維持をサポートすると大人気の果物があります。その名は「チャツラガナ」。英語ではSeabuckthorn。日本では、「サジー(沙樹)」という名前で中国の内モンゴル原産の健康飲料として輸入されている、直径5mmほどの小さな果実。今回は、大地と人を元気にするチャツラガナのパワーに迫ります。 続きを読む



モンゴルの春を告げる風物詩!〜ヤギや羊の出産シーズン〜

[2009/03/16] 山本ちかだるま

−20℃以下の寒さや吹雪、乏しい牧草など過酷な試練を乗り越えて迎えるモンゴルの春。モンゴル人にとっては厳しく、空っ風で埃っぽい春は必ずしも歓迎されませんが、命の息吹を感じる喜びは、ひとしお。今回はモンゴルの春を告げる風物詩をご紹介します。春はヤギや羊の出産シーズン です。出産を控えた母家畜は、放牧に出さない工夫もしますが、放牧中に予定外の出産というハプニングもあります。生まれてすぐに自力で立ち上がり、お母さんのおっぱいをむさぼるたくましい動物の生命力を見る喜びは、モンゴルの春ならではのドラマです… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モンゴル、春」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。